UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・北海道 洋画家 海外で活動 人物画

エコール・ド・パリの画家・小柳正

更新日:

サーカスの家族 小柳正

1920年から30年代のパリには、伝統を学び、新しい思潮を吸収するため、世界各国から芸術家たちが集まっていた。そんなパリで生活し創作を続ける芸術家たちのことを総称して「エコール・ド・パリ」と呼んだ。北海道からも工藤三郎、小柳正、山田正らがこの時期にパリを目指している。なかでも小柳正は15年以上もパリで制作を続け、エコール・ド・パリの代表的な画家・藤田嗣治とも親しく交遊した。

小柳正(1897-1948)については、作品が数点といくつかのモノクロ作品図版しか残っておらず、パリでの制作の全貌はうかがいしれないが、ハリウッドのトップスター早川雪洲ばりの風貌で、友人である藤田の2度目の妻フェルナンド・バレエとも浮名を流したといわれる、根っからのボヘミアンで、当時パリにいた日本人画家の間でも、その存在はかなり際立ったものと伝えられている。

昭和12年に帰国した際には、郷里札幌で地元画家たちと座談会を行ない、その内容は新聞紙上に4回にわたって連載されている。地元画家たちは小柳に、絵画と民族、パリ画壇の内情などさまざまな質問をし、小柳はそれに自信に満ちた語り口で明快かつユニークな答えをし、北海道の画家たちに大きな影響を与えたという。

その後、東京に定住したらしいが、一説には再渡欧したともいわれている。また、アメリカに渡り1年あまりで帰って来たとも伝わっている。ただ、明らかなのは、昭和17年に名前を改めて日本橋高島屋で「小柳倍伸第1回作品展覧会」を開催していることと、その6年後に東京で死亡していることである。

小柳正(1897-1948)こやなぎ・ただし
明治30年札幌生まれ。北海中学を中退後、上京して岡田三郎助に学んだ。大正3年日本美術院洋画部の第1回展に入選、翌年も同展に入選している。大正9年に札幌の今井呉服店で個展を開催、その年にフランスに渡り、サロン・ドートンヌ会員、サロン・ド・チュイレリー会員として活動した。昭和17年に日本橋高島屋で展覧会を開催、その際の展覧会目録によれば、フランスの国立美術館、アーブル美術館、モスコー国立美術館に作品を買い上げられ、ドイツ、フランスで壁画を制作したとされている。昭和23年、51歳で死去した。

山田正(1899-1945)やまだ・ただし
明治32年札幌生まれ。札幌一中で林竹治郎に学び、北大農業実科に進学して黒百合会で絵画に親しんだ。昭和2年春陽会に入選し本格的に画家を目指して上京、3年後に渡仏して約3年間滞在、サロン・ドートンヌなどに出品した。帰国後は国画会に出品した。昭和22年、46歳で死去した。

文献:上山二郎とその周辺、北海道美術の青春期、北海道美術あらかると、美術北海道100年展、北海道の美術100年、北海道美術史

エコール・ド・パリの日本人野郎―松尾邦之助交遊録 (玉川信明セレクション―日本アウトロー烈傳)
社会評論社







-画人伝・北海道, 洋画家, 海外で活動, 人物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.