画人伝・群馬 龍図

群馬県内外43カ所の寺院に天井画を描いた林青山

林青山「みなかみ町・廣福寺の天井画」(部分)

林青山「みなかみ町・廣福寺の天井画」(部分)

群馬県利根郡桃野村上津(現在のみなかみ町上津)に生まれた林青山(1847-1933)は、6歳で藤岡の法橋重信の門に入り、絵の勉強をはじめ、13歳の時に湯の原村(現在の新治村)の林豊山に師事し、また華道も習い、さらに下津の内海蓬堂から書法を学んだ。

16歳の時に帰郷し、月夜野町如意寺の格天井に「雲竜図」を描き、周囲を驚かせたという。明治元年、22歳の時に下津小川島の林家の婿養子となり、林姓を名乗るようになった。その後は仙台から関東信越方面にまで周遊し、新潟県蒲原郡の富取芳斎の門に長く逗留した。

太田の大光院にも長く滞在し、絵を描きながら僧侶の苦行も積んだ。その間に描いた天井画は、新治村但馬院、下牧玉泉寺、師竜谷寺、赤堀大林寺、桐生鳳仙寺など、群馬県内外43カ所に達する。門人には神田可亭(1868-1938)らがいる。

林青山(1847-1933)はやし・せいざん
弘化4年利根郡桃野村上津(現在のみなかみ町上津)生まれ。原沢房吉の三男。本名は周吉。別号に晴山、晴月耕などがある。法橋重信、林豊山に師事、華道も修めた。また、内藤蓬堂に書法を学んだ。16歳の時に如意寺に天井画を描いた。この頃は「晴山」と名乗っていた。明治元年下津小川島の林家の婿養子となり林姓となった。その後仙台から関東信越方面にまで周遊、新潟県蒲原郡の富取芳斎の門に長く寄遊した。太田の大光院にも長く逗留し、絵を描きながら僧侶の苦行も積んだ。その間、県内外43箇所の寺院に天井画を残した。明治13年月夜野の青柳琴僊が14歳で入門し約5年間指導。明治24年東京の滝和亭に師事。明治26年琴僊らとシカゴ万国博覧会に出品。明治33年日本美術協会美術展覧会に出品、作品が宮内省買上げとなった。明治43年、64歳で故郷の桃野村下津の小川島に帰郷。昭和9年、88歳で死去した。

神田可亭(1868-1938)かんだ・かてい
明治元年利根郡川田村生まれ。名は巳寿太郎。初号は青斎。11歳の時に歌舞伎役者の二十四面相を描写し、13歳の時には、蓬蓮遠州流挿花の秘伝・口伝四十八種を図解によって画帖をつくり、少年期から才能をみせていた。小学校4年卒業の時、林青山に入門、青斎と号し、のちに長野の児玉果亭に師事して可亭と改号した。長じて和歌山に遊び、縁あって当地の神田家に入婿し、妻の料理手腕をいかして旅館「関東屋」を営業、経営は妻にまかせて、自らは画業に専念した。主に山水図、花鳥画を描き、特に鴨、鵞を得意とした。大正13年、56歳の時には故郷川田村の生家で個展を開催した。昭和13年、70歳で死去した。

群馬(13)-画人伝・INDEX

文献:林青山天井画集 第1輯、利根沼田の人物伝、上毛南画史、群馬県人名大事典



-画人伝・群馬, 龍図

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5