UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・群馬 南画・文人画家 風俗図・日常風景

玉村宿で地方絵師として活躍した千輝玉斎

投稿日:

千輝玉斎「豊年満作襖絵」(水争いの部分)

千輝玉斎「豊年満作襖絵」(水争いの部分)

千輝玉斎「豊年満作襖絵」(田植えの部分)

千輝玉斎「豊年満作襖絵」(田植えの部分)「豊年満作襖絵」は四枚仕立ての襖絵。万延元年の制作で、上野国の農民の暮らしぶりを伝えている。

千輝玉斎(1790-1872)は、日光例幣使街道沿いの玉村宿(現在の群馬県佐波郡玉村町)で旅籠を営む一方、地方絵師として活躍した。群馬県吾妻郡中之条町竪町の町田家(染物屋)に生まれたと伝わっているが、御家人の末裔という伝聞もある。24歳頃に中之条を離れ、文政年間、玉村宿の早川与六家に寄食したが、のちに同宿で旅籠を営む萬屋仙蔵の娘ゑいに婿入りした。

画歴は定かではないが、幼いころから絵を好み、その腕前で周囲を驚かせていたといい、家業に余裕ができると、玉村宿にちなんで「玉斎」と号して絵を描いた。さらに、茶道や生花、彫刻なども手がけ、茶室「玉斎楼」を造り、文房四宝、落款用印章、印籠、茶刀など自らの手により制作した。明治2年頃には、中之条町で書画展を開き、大評判になったと伝わっている。

千輝玉斎(1790-1872)ちぎら・ぎょくさい
寛政2年吾妻郡中之条町生まれ。通称は幸兵衛、または幸吉。玉村にちなんで玉斎と号した。茶道では玉松斎一光と名乗った。文化10年郷里を出て、文政2年ころ玉村宿に至り、旅籠萬屋仙蔵の婿養子となった。北斎流の筆致で人物、花鳥画を得意とした。「豊年満作襖絵」「庚申侍図」「橋上衆人通行図」は当時の風俗を描いており、民俗的資料としての価値も高いとされる。挿花、篆刻、彫刻など多方面に才能を発揮した。数奇を凝らした茶室「玉斎楼」は、地方では稀なものと評判になった。明治5年、83歳で死去した。

群馬(7)-ネット検索で出てこない画家

文献:描かれた民俗-文人画家・千輝玉斎の世界、幕末の文人画家-千輝玉斎、:絵農書一、群馬県人名大事典









-画人伝・群馬, 南画・文人画家, 風俗図・日常風景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.