画人伝・鹿児島 中国故事

江戸後期を代表する薩摩藩の絵師・能勢一清とその門人

能勢一清「三傑図」(左から張飛、劉備、関羽)鹿児島市立美術館蔵

能勢一清(1790-1857)は、江戸後期を代表する薩摩藩の絵師で、木村探元の高弟・能勢探龍の曾孫にあたる。幼いころから画を好み、森玄心に学ぶが、15歳の時にその門を辞して、狩野探幽、木村探元に私淑した。特に探元については画法をよく修得した。また、和漢の古典を研究しており、画域が広く、比較的多くの作品が残っている。

一清の門人としては、幕末明治期に活躍した実子の内山一観をはじめ、常に師から画才を称賛されていたが早世した八木松濤軒、絵を学ぶとともに詩歌、書、茶道、華道などもよくした下河辺行廉、都城出身の中原南渓、そして後に油彩画に転向する床次正精がいる。

能勢一清(1790-1857)
寛政2年生まれ。能勢探龍の曾孫。名は泰央、通称は武右衛門、小字は十郎次。別号に浄川軒、烹雪庵、静得、懐徳庵、黙観、心斎がある。狩野探幽、木村探元に私淑し、よく探元の画風に迫る作品を描いた。伊集院の広済寺のもとめに応じて十六羅漢図を描いた。嘉永6年の花尾神社改築にあたっては、社殿内の格天井に草花図を描いた。「楼閣山水図」「草蘆三顧之図」など比較的多くの作品が残っている。安政4年、68歳で死去した。

内山一観(1823-1897)
文政6年生まれ。能勢一清の実子。内山次右衛門の養子となった。諱は盛爾、通称は四郎右衛門。別号に浄雪軒、松泉軒成清がある。文久2年藩主館内の絵画を描いた。明治15年内国絵画共進会に出品し褒状を受けている。明治30年、75歳で死去した。

八木松濤軒(1829-1854)
文政12年生まれ。名は兼亮、通称は吉二。12歳のころから能勢一清について学び、常に師からその画才を称賛されていたとされるが、作品は確認されていない。嘉永7年、26歳で死去した。

下河辺行廉(1829-1888)
文政12年生まれ。通称は藤蔵。別号に細香盧、桑蔭、玄香堂、観耕堂、景洲、老筍翁がある。能勢一清に絵を学ぶとともに、詩歌、書、茶道、華道などもよくした。明治21年、60歳で死去した。

鹿児島(23)-画人伝・INDEX

文献:黎明館収蔵品選集Ⅰ、薩摩の絵師、美の先人たち 薩摩画壇四百年の流れ、鹿児島市立美術館所蔵作品選集、薩藩画人伝備考、薩摩の書画人データベース




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・鹿児島, 中国故事

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5