UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・岩手 浮世絵師 龍図

田口森蔭とともに二代喜多川歌麿に学んだとされる長嶺清麿

更新日:

長嶺清麿「富士越龍図」岩手県立博物館蔵

田口森蔭とともに二代喜多川歌麿に学んだとされる長嶺清麿(1789-1853)は、森蔭より4歳年長で、森蔭が起こした落首事件の際には、「奇妙騒動飲」という薬の効能書きをもって、森蔭とともに歩調を合わせて藩政批判をした。また、松尾神社祭礼の「裸参り」の件に関しても共同行為をしている。森蔭と同様に盛岡藩士で、代官所下役や御作事奉行などを歴任しているが、酒の密売と職務怠慢を理由に2度も解任されている。

作品としては、盛岡藩の沿岸の詳細を描いた「海嶺絵図」や、「娘道成寺板絵」(盛岡市金毘羅神社蔵)、「富士越龍図」(岩手県立博物館蔵)があり、山蔭焼の銚子に草花を絵付けしたものも残っている。遊女の町・津志田の中心にあった大国神社には、文人墨客や遊女による献額が多く残っているが、石川林泉らのものとともに清麿の作もあることが知られている。

長嶺清麿(1789-1853)ながみね・きよまろ
寛政1年生まれ。通称は九郎八、九郎右衛門といい、将続、精之と名乗った。別号に梅林舎がある。文政8年から4年間鬼柳黒沢尻通代官所下役、文政13年から4年間安俵高木通代官所下役をつとめ、天保4年には御作事奉行となり、盛岡城本丸大奥の普請を担当した。田口森蔭とともに二代喜多川歌麿に絵を学んだとされる。安俵高木通代官所下役の在職中の天保3年野辺地へ、目付所御物書加に在職中の弘化2年に五戸から田名部まで出張し、弘化2年の出張では、盛岡藩の沿岸の詳細を描いた「海嶺絵図」を作成、弘化4年に褒美を得ている。天保9年酒の密売で、天保14年には勤務態度が悪いとして、2度も役職を解任されている。俳諧をたしなみ、自筆の句帳が残っている。嘉永6年、65歳で死去した。

文献:盛岡藩の絵師たち~その流れと広がり~、藩政時代岩手画人録

いわて未来への遺産 盛岡藩の歴史と至宝
岩手日報社







-画人伝・岩手, 浮世絵師, 龍図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.