画人伝・新潟 日本画家 風俗図・日常風景 群像

新潟で美術教師を長年つとめ青空先生と呼ばれた三浦文治

三浦文治「浜辺群像」(部分)

三浦文治「浜辺群像」(部分)

新潟県北蒲原郡水原町(現在の阿賀野市)に生まれた三浦文治(1906-1994)は、大正15年に上京して東京美術学校日本画科に入学した。同期には、東山魁夷、橋本明治、加藤栄三、山田申吾という戦後の日本画壇に大きな足跡を残した逸材がそろい、2カ月で退学したが田中一村もいた。三浦は彼らと成績を競いあい、特待生に2度選ばれ、在学中に帝展にも入選した。

昭和6年の同校卒業後は、松岡映丘に師事し、映丘没後は川崎小虎に師事した。また、卒業年に、東山魁夷、橋本明治、加藤栄三、山田申吾、石橋吉路らと同期生6名で「六篠社展」を結成し、銀座資生堂で第1回展を開催、昭和10年の同会解散まで互いに影響しあいながら制作にっとめ、帝展にも出品した。

その後は、東京市立豊島実践高等女学校の教員となり、昭和20年の帰郷後は、新潟中学校(現在の県立新潟高校)をはじめ、新潟県内の高等学校の美術教師を定年までつとめ、定年退職後は、新潟県美術展覧会や新潟県美術家連盟で要職につき、新潟県内の美術界に大きな足跡を残した。

海や公園を好み、天気がいい日には生徒たちを青空の下に連れ出して屋外で授業をおこなっていたことから、いつしか生徒たちから親しみを込めて「青空先生」と呼ばれるようになったという。

三浦文治(1906-1994)みうら・ぶんじ
明治39年北蒲原郡水原町(現在の阿賀野市)生まれ。大正15年東京美術学校日本画科に入学。在学中の昭和4年第10回帝展に初入選。以後第12回~14回まで入選。昭和6年東京美術学校卒業、卒業制作が橋本明治、加藤栄三、山田申吾とともに同校買上げとなった。同年銀座資生堂で「六篠社展」を開催。昭和7年ベルリンオリンピック絵画部門で銅メダルを受賞。昭和20年戦災により帰郷。昭和21年新潟県立新潟中学校教諭となった。昭和31年新潟県立新発田商工高等学校教諭。昭和33年新潟県美術展に委嘱出品し、以後同展に出品。昭和42年新潟県立三条高等学校教諭。昭和47年新潟県芸術美術展覧会常任理事・審査委員。昭和55年新潟大和で個展開催。同年神奈川県に転居した。平成6年、88歳で死去した。

新潟(42)-画人伝・INDEX

文献:三浦文治の世界 : その絵にはいつも「心の青空」があった! 「青空先生」と呼ばれた日本画家、近代美術館とコレクション 新潟の美術、新潟市美術館 全所蔵作品図録(絵画編)、ふるさとの作家たち展(新潟市新津美術館)

-画人伝・新潟, 日本画家, 風俗図・日常風景, 群像

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5