UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

「岸派」 一覧

下関岸家三代の祖・江陵岸賢と防長の岸派

2016/10/24   -画人伝・山口, 岸派

江陵岸賢(不明-1825)は、下関出身でもっとも古い画家とされ、岸賢、岸規、岸明と三代続く下関岸家三代の祖として知られる。「岸」を名乗ったのは、京都の岸派を学んだためで、子の岸規、孫の岸明は、それぞれ ...

岡山の岸派・矢部楳山

2016/07/05   -画人伝・岡山, 岸派

岡山の岸派としては、玉島に寄寓していた岸派の画人・関石城に学んだ矢部楳山(1849-1911)と小野竹下(1845-1897)がいる。楳山はさらに京都に出て岸連山に師事しており、同門に林玉峰(1830 ...

岸駒に学び、江戸で活躍した沖冠岳

今治に生まれ山本雲渓の手ほどきを受けて絵画に目覚めた沖冠岳(1817-1876)は、京都に出て岸駒の門に入り画を学び、その後江戸に出て谷文晁や渡辺崋山らと交わり、江戸南画や狩野派を研究するなど様々な画 ...

阿波の岸派・岸八行と三木恒山

2015/11/30   -画人伝・徳島, 岸派

阿波の岸派としては、岸八行(1794-1857)、三木恒山(1811-1891)が京都に出て岸駒に学び、師にならい虎の画を得意とした。二人とも阿波に戻り、郷里で門人を育てている。八行の門からは浄徳寺の ...

尾張の岸派、喜田華堂と門人

尾張の岸派では、喜田華堂、そのあとを継いだ中島有年らがいる。喜田華堂は岐阜県不破郡今須村に生まれ、若くして京都に出て岸駒、岸良に学んだ。20年にわたり東国を遊歴して各地の名勝を写生し、文人墨客と交わっ ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.