yuagariart

江戸時代を中心に明治中頃くらいまでに活動していた各地の画家を調査し、都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。

    人間とは何かを一貫して問い続けた鶴岡政男

    2021/3/15  

    鶴岡政男「重い手」東京都現代美術館蔵 鶴岡政男(1907-1979)は、高崎市砂賀町の建築金物製造を営む家に生まれた。親の転居に伴って兵庫、東京、高崎を転々としていたが、小学校5年生の時から東京で暮ら ...

    詩情を秘めた独自のリアリズムを追求した山口薫

    2021/3/12  

    山口薫「あや子あやとり」 山口薫(1907-1968)は、榛名山麓にある群馬県群馬郡箕輪村(現在の高崎市箕郷町)に生まれた。旧制高崎中学校在学中から油絵を描きはじめ、高崎市公会堂での展覧会などに出品し ...

    日本にシュルレアリスムを紹介した福沢一郎

    2021/3/10  

    福沢一郎「敗戦群像」群馬県立近代美術館蔵 福沢一郎(1898-1992)は、明治31年、群馬県北甘楽郡富岡町(現在の富岡市)に生まれた。旧制富岡中学校を経て、仙台の旧制第二高等学校英法科を卒業、大正7 ...

    独立展の重鎮の一人として活躍した中村節也

    2021/3/8  

    中村節也「静物」群馬県立近代美術館蔵 中村節也(1905-1991)は、群馬県邑楽郡長柄村(現在の邑楽郡邑楽町)に生まれた。父親は郡役所の官吏だったが、大正11年に銀行員に転職、それに伴い中村も高崎市 ...

    二科展で注目され前橋で多くの後進を育てた清水刀根

    2021/3/3  

    清水刀根「黒衣の女」群馬県立近代美術館蔵 前橋市に生まれた清水刀根(1905-1984)は、大正11年に旧制前橋中学校を卒業、大正13年に日本美術学校洋画科に入学した。在学中は石井柏亭の指導を受け、大 ...

    塚本茂ら旧制前橋中学校出身の洋画家

    2021/3/1  

    塚本茂「緑蔭」 旧制前橋中学校(現在の群馬県立前橋高等学校)からは多くの洋画家が誕生している。横堀角次郎は大正3年に同校を中退して上京、その横堀と親しかった南城一夫も大正7年に卒業して上京しているが、 ...

    東京美術学校在学中に渡仏し12年間滞在した南城一夫

    2021/2/25  

    南城一夫「鯛の静物」群馬県立近代美術館蔵 前橋に生まれた南城一夫(1900-1986)は、群馬師範学校附属小学校を卒業後、旧制前橋中学校に入学、同期には洋画家の横堀角次郎、詩人の萩原恭次郎、先輩には後 ...

    草土社で岸田劉生と行動をともにした横堀角次郎

    2021/2/23  

    横堀角次郎「細き道」群馬県立近代美術館蔵 群馬県勢多郡大胡村(現在の前橋市堀越町)に生まれた横堀角次郎(1897-1978)は、大胡尋常高等小学校を卒業し、旧制前橋中学校(現在の県立前橋高校)に入学し ...

    群馬洋画の先駆者・湯浅一郎

    2021/2/19  

    湯浅一郎「西洋婦人編物」群馬県立近代美術館蔵 明治元年、碓井郡安中町(現在の安中市)に生まれた湯浅一郎(1868-1931)は、父と親交のあった新島襄の同志社英学校普通科に学び、明治21年卒業した。卒 ...

    歴史・風俗を研究し歴史人物画を得意とした北村明道

    2021/2/16  

    北村明道「紫式部」群馬県立歴史博物館蔵 高崎に生まれた北村明道(1896-1962)は、はじめ小堀鞆音に師事して歴史画を学び、のちに蔦谷龍岬の画塾に入り、龍岬没後は児玉希望に師事した。昭和2年の第8回 ...

    © 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5