画人伝・長野 南画・文人画家 風俗図・日常風景

松本における近代日本画の基礎を築いた仙石翠淵

仙石翠淵「養蚕の図」

仙石翠淵「養蚕の図」

仙石翠淵(1801-1885)は、筑摩郡埴原村(現在の松本市中山)に生まれた。生家は、胡桃澤膏薬本舗として近郷に知られていた。幼いころから書画を好み、独学で画を学んだが、49歳の時に旅の絵師・碧鳳に本格的は描法を学んだ。人物の描写に力を入れ、農村の日常の生活のなかに多くの画題を見出した。

多芸多能で、絵画のほかに美術工芸にも優れ、天保8年に諏訪高島藩主に自作の硯箱を献上して褒賞を受けた。また、来客にお茶を出す「茶くみ人形」を鯨のヒゲをゼンマイにして制作するなど、人を驚かすことも度々だったいう。進取の気性に富み、天保年間に江戸から職人を呼び、櫓時計や尺時計を製作させている。

生涯を通じて松本を出ることはなく、ほとんど独学で絵を学びながら、西洋風の透視図法を取り入れるなど、松本における近代日本画の基礎を築いた画家とされている。

仙石翠淵(1801-1885)せんごく・すいえん
享和元年筑摩郡埴原村生まれ。通称は牛鹿、字は政慶。晴雲楼翠淵と号した。独学で画を学び、美術工芸にも優れていた。天保8年自作の硯箱を諏訪高島藩主に献上。天保11年埴原村村の秋葉神社拝殿の天井画を描いた。嘉永2年、49歳の時に旅の絵師・伊勢の碧鳳から本格的な絵の手ほどきを受けた。安政4年内田村牛伏寺の欄間に墨絵で「雲龍」「松鶴」「山水」を描いた。また後日、同寺に「布袋唐子図」を贈った。慶応3年「槇原村図書館」を藩主に献上、帯刀を許可された。維新後も「青緑楼閣山水図」「開智学校図」「聖駕お小休図」「農業の図」「養蚕の図」などを描いた。明治18年、85歳で死去した。

長野(14)-画人伝・INDEX

文献:長野県美術全集 第1巻、松本の美術 十三人集、松本平の近代美術、長野県美術大事典









-画人伝・長野, 南画・文人画家, 風俗図・日常風景

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5