UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。

「風景画」 一覧

洋画の黎明期、国沢新九郎の出現

幕末から明治期にかけては全国的に西欧絵画が広がっていき、高知においては、国沢新九郎(1848-1877)が西欧絵画の先駆者として登場する。国沢は、高知城下の藩士の長男として生まれ、明治2年に坂本龍馬の ...

画壇を代表する多くの日本画家を輩出

岐阜の代表的日本画家としては、愛知に生まれ岐阜に移り住んだ川合玉堂(1873-1957)をはじめ、恵那の前田青邨(1885-1977)、岐阜の川崎小虎(1886-1977)、稲葉の加藤栄三(1906- ...

京都画壇で学んだ飛騨の日本画家

飛騨に生まれて京都画壇で修業した日本画家のうち、塩川文麟に師事した垣内右☆・垣内雲☆父子(☆は共に「燐」の「火」を「山」)は、のちに金沢に移り金沢画壇で活躍した。山元春挙に師事した玉舎春輝は春挙・栖鳳 ...

京都画壇で学んだ美濃の日本画家

明治中期、全盛を誇った南画が衰退しはじめ、岐阜で画を志すものの多くは京都画壇を目指すようになった。岐阜の若者たちは、京都で画塾に入ったり、内弟子になったりして画の道を歩きはじめた。当時の京都画壇で主流 ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.