画人伝・長崎

長崎漢画の祖・逸然性融

2021/7/6  

逸然性融「白衣大士観瀑図」長崎歴史文化博物館蔵 隠元隆琦によって長崎に伝えられた黄檗宗には、黄檗肖像法によって肖像画を描いた喜多氏ら肖像画工のほか、興福寺の僧・逸然性融(1601-1668)を開祖とす ...

黄檗肖像画家・喜多元規とその画系

2021/7/6  

喜多元規「黄檗肖像画」 17世紀中頃、黄檗宗の僧・隠元隆琦が渡来し、我が国に黄檗宗を伝えると、木庵性稲や即非如一、独立性易ら黄檗僧が続々と渡来し、長崎は黄檗文化の一大中心地となった。中国黄檗僧の渡来に ...

南蛮美術と長崎の南蛮絵師

2021/7/6  

伝山田右衛門作 天文12年、種子島に漂着したポルトガル人が日本に鉄砲を伝え、続く天文18年、イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルによってキリスト教が伝えられた。この時に来日したポルトガル人やスペイン ...




© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5