勝川春潮(不明-不明)katsukawa-shuncho

勝川春潮「飛鳥山花見」

勝川春潮「飛鳥山花見」

勝川春章の門人。晩年は窪俊満の門に入って、吉左堂俊潮と改めた。役者絵で一世を風靡した春草の門下だが、役者絵よりも美人画を好んで描いた。版画においては鳥居清長に私淑し、長身で健康的な美人を描いた。寛政年間末頃には浮世絵界を離れ、俳諧の世界に遊んだとされる。