画人伝・宮崎

都城島津家の最初の絵師・白谷卜斎

2021/7/6  

白谷卜斎画・長峰探隠模写「豊太閣図」 宮崎の美術の中で、まず最初に狩野派の絵師として登場するのが、都城藩の白谷卜斎(不明-1658)である。白谷卜斎は都城領主・北郷忠能に仕え、文録の頃、京都に出て狩野 ...




© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5