中国画家

目賀多家に学んだ米沢の絵師たち

2021/7/6  

左:若井牛山「陶淵明」、右:佐藤雪斎「龍図」 米沢では絵を学ぶ者の大半が目賀多家に入門したことから、狩野派の画風が主流で、主な絵師としては、目賀多雲川守息に学んだ小田切寒松軒をはじめ、目賀多雲川信済に ...

来舶四大家、伊孚九・張秋谷・費漢源・江稼圃

2021/7/6  

費漢源「枇杷に小禽図」神戸市立博物館蔵 18世紀の後半から19世紀の中頃になると、渡来の途絶えた黄檗僧に代わって清人が盛んに渡来するようになった。彼ら来舶清人によって南画の画風が伝えられると、長崎の画 ...

長崎漢画の祖・逸然性融

2021/7/6  

逸然性融「白衣大士観瀑図」長崎歴史文化博物館蔵 隠元隆琦によって長崎に伝えられた黄檗宗には、黄檗肖像法によって肖像画を描いた喜多氏ら肖像画工のほか、興福寺の僧・逸然性融(1601-1668)を開祖とす ...




© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5