UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

豊橋市美術博物館収蔵品<美術Ⅱ>2000-2010

豊橋市美術博物館収蔵品<美術Ⅱ>2000-2010

豊橋市美術博物館収蔵品<美術Ⅱ>2000-2010
発行:2011年2月19日
会場:豊橋市美術博物館
内容:2000年4月から2010年3月までに購入あるいは寄贈によって豊橋市美術博物館で収蔵した美術資料を収録

豊橋市美術博物館収蔵品<美術>1979-2000
文献インデックスへ
ネット検索で出てこない画家

収録作家一覧

芥川紗織(1924-1966年01月13日)洋画、女流画家協会会員、モダンアート展出品、東京音楽学校卒、別名間所紗織
浅野弥衛(1914-1996年02月22日)洋画家、前衛的抽象絵画の草分けのひとり、元美術文化協会会員、愛知県立芸大教授
我妻碧宇(1904-1970年10月28日)日本画家、師中村岳陵、白士会結成に参加、日展評議員
荒川修作(1936-2010年05月20日)洋画家、美術家・建築家、ドクメンタ・現代日本美術展をはじめ国際的な場で発表、前衛芸術の旗手として活躍
石川雲鶴(1922-2006年09月10日)書家、毎日書道展参与会員、独立書人団参事
石川華香(1903-1981年03月14日)洋画家、アメリカ水彩画協会会員、日米美術協会会長
石河彦男(1917-1986年04月28日)洋画家、日展会員、光風会評議員
市川光雄(1929-)洋画家、太平洋美術会会員、師夏目七作
伊藤正男01(1936-)日本画家、創画会准会員、星野眞吾・高畑郁子の主宰する画塾で学ぶ
井上悟01(1931-)洋画家、国画会会員
岩田浩昌(1917-2006)洋画家、鈴木千久馬の画塾で学ぶ、裸婦を多く描いた
上田薫(1928-)洋画家、現代日本美術展等で受賞、スーパー・リアリズムあるいはフォト・リアリズムで日本を代表する作家
大澤海蔵(1906-1971年11月05日)洋画家、日展評議員、文部大臣賞、光風会理事、川端画学校に学び、辻永に師事
大島哲以(1926-1999年04月12日)日本画家、師中村貞以、从会会員
大野俶嵩(1922-2002年09月05日)日本画家、無所属、京都市立芸術大学名誉教授、京美大卒
大森運夫(1917-)日本画家、中村正義に影響され日本画を始める、新制作協会会員を経て創画会結成に参加して会員、山種展大賞
岡田三郎助(1869-1939年09月23日)洋画家、文化勲章、日本芸術院会員、帝室技芸員、白馬会の創立に参加、日本版画協会の創立に参加、東京美術学校教授
岡田徹(1914-2007年12月04日)洋画家、美術文化協会会員・元代表
荻須高徳(1901-1986年10月14日)洋画家、文化勲章、文化功労者、新制作協会会員、パリの場末の風物を描きユトリロの再来と言われた
筧忠治(1908-2004年04月22日)洋画家、無所属、美術グループ・独潮会結成
笠井誠一(1932-)洋画家、立軌会同人、東郷青児美術館大賞等受賞
加藤静児(1887-1942年11月27日)洋画家、文展無鑑査、光風会会員
鹿子木孟郎(1874-1941年04月03日)洋画家、天彩学舎・不同舎で学ぶ、号不倒、浅井忠とともに関西美術院を創立
岸田劉生(1891-1929年12月20日)洋画家、フュウザン会結成に参加、春陽会の創立に客員として参加、大調和会第1回展監査委員、麗子像で知られる
北川民次(1894-1989年04月26日)洋画家、日本板画院の創立に参加、メキシコで活躍、元二科会会長
鬼頭甕二郎(1897-1952年06月14日)洋画家、春陽会会員、本郷洋画研究所に学ぶ
鬼頭鍋三郎(1899-1982年06月14日)洋画家、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、元光風会理事長、愛知県立芸術大学客員教授
木村荘八(1893-1958年11月18日)洋画家、日本芸術院賞恩賜賞、白馬会葵橋洋画研究所に学ぶ、ヒュウザン会結成に参加、春陽会の創立に客員として参加
久野真(1921-1998年08月22日)彫刻家、鉄・鉛・ステンレス等を素材として作品を制作、新制作協会出品
黒田清輝(1866-1924年07月15日)洋画家、帝国美術院会員、帝室技芸員、明治美術会・白馬会の創立に参加、国民美術会会頭
桑山忠明(1932-)洋画家、東京芸大日本画科卒、ニューヨーク在住
河野通勢(1895-1950年03月31日)洋画家、国画会創立会員、大調和会第1回展監査委員、日本版画協会の創立に参加
坂口紀良(1948-0)洋画家、立軌会同人
佐熊桂一郎(1929-2006年07月31日)洋画家、从展創立会員
佐々木豊02(1935-)洋画家、国画会会員、東郷青児美術館大賞、著述活動も広く手がける
佐藤多持(1919-2004年10月21日)日本画家、東美卒、真言宗僧侶の二男、水芭蕉をテーマに描いた
佐藤忠良(1912-2011年03月30日)彫刻家、芸術選奨文部大臣賞、東美卒、新制作協会彫刻部創立に参加、元東京造形大教授
清水良治(1935-)彫刻家、新制作協会会員
白井烟嵓(1894-1976年01月19日)日本画家、師松林桂月、日本南画院創設に参加、桂月鑑定の第一人者
杉本健吉(1905-2004年02月10日)洋画家、元国画会会員
鈴木翠軒(1889-1976年09月26日)書家、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、師丹羽海鶴、古典の上に立った独自の造形的な書風を確立
鈴木武(1920-1973)洋画家、独立美術協会会友、東三在野美術協会の結成に参加
高木勲(1933-1998年05月31日)洋画家、自由美術協会会員、元名古屋芸術大学学長
高畑郁子(1929-)日本画家、創画会会員
高柳淳彦(1898-1957)日本画家、東美卒、師松岡映丘、帝展等出品
椿貞雄(1896-1957年12月29日)洋画家、春陽会創立客員、国画会創立会員、大調和会第1回展監査委員
東松照明(1930-2012年12月14日)写真家、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞等受賞
遠山清(1903-1963年06月10日)洋画家、日展審査員、光風会評議員
遠山唯一(1907-1959年10月25日)日本画家、師松林桂月・伊東深水、インドの女性をミチーフにした
冨安昌也(1918-2013)洋画家、水彩画会評議員
永井繁男(1927-)日本画家、白士会委員
中西利雄(1900-1948年10月06日)洋画家、日本水彩画会会員、小磯良平らと新制作派協会を創立
中村昭子(1927-)洋画家、一陽会会員
中村岳陵(1890-1969年11月20日)日本画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、元日本美術院同人、日展常務理事、東美卒、師川辺御楯・寺崎広業
中村宏01(1932-)洋画家、池田龍雄らと日本青年美術家連盟を結成、観光芸術研究所を設立、東京造形大学客員教授
中村正義(1924-1977年04月16日)日本画家、師中村岳陵、日展審、从展の創立に参加、写楽の研究家としても知られる
仲谷孝夫(1918-2006年02月03日)洋画家、行動美術協会会員、東三在野美術協会結成に参加
夏目七作(1881-1951)洋画家、鈴木拳山に南画を学んだ後に太平洋画研究所で洋画を学ぶ、別号泰果
野田弘志(1936-)洋画家、無所属、国際形象展等出品
畑遼(1923-)洋画家、主体美術協会会員
櫃田伸也(1941-)洋画家、新制作協会会員、安井賞、元東京芸大教授
平賀敬(1936-2000年11月13日)洋画家、入れ墨師を手伝い絵描きを目指す、国際青年美術家展大賞、作品にストーリー性があり「現代の絵師」とも称される
平川敏夫(1924-2006年05月14日)日本画家、新制作協会会員を経て創画会結成に参加して会員、中日文化賞
平松礼二(1941-)日本画家、無所属、山種展大賞、MOA大賞
広本季与丸(1908-1975)洋画家、創元会運営委員、阿以田治修に師事
藤井外喜雄(1901-1994)洋画家、人見弥に師事、大沢鉦一郎らと愛美社を結成、文展・二科等に出品後は主に海外で活動
藤島武二(1867-1943年03月19日)洋画家、文化勲章、帝国芸術院会員、帝室技芸員、白馬会の創立に参加、東京美術学校教授
星野和子(1928-)日本画家、新制作展日本画部出品、星野眞吾の妹、高木勲の妻
松井守男(1942-)洋画家、武蔵美卒、パリ国立美術学校に学び、主にパリで活動
松林桂月(1876-1963年05月22日)日本画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、師野口幽谷、日本南画会設立に参加、元日本南画院会長、日展顧問
三尾公三(1923-2000年06月29日)洋画家、京都造形芸術大学客員教授、フォーカスの表紙絵で知られる
三上誠(1919-1972年01月16日)日本画家、京都絵画専卒、星野真吾らとパンリアル結成、从展創立に参加
三岸節子(1905-1999年04月18日)洋画家、文化功労者、芸術選奨、女流画家協会の創立に参加、新制作協会会員、夫は三岸好太郎
水越武(1938-)写真家、芸術選奨文部科学大臣賞、土門拳賞、田淵行男に師事
水谷勇夫(1922-2005年06月05日)日本画家、現代美術家、日本画の素材を用いて独自の技法で描いた
水野正一(1899-1987)洋画家、宮脇晴や山田睦三郎らと三路社を結成し、戦後は染織家として活動した
宮脇晴(1903-1985年02月05日)洋画家、春陽会会員、大沢鉦一郎に師事
森清治郎(1921-2004)洋画家、光風会会員
森緑翠(1917-1999年03月10日)日本画家、師中村岳陵、白士会創立会員
八島正明(1935-)洋画家、元美術文化会員
柳原義達(1910-2004年11月11日)彫刻家、文化功労者、福田平八郎に日本画を学び彫刻に転向、新制作派協会彫刻部創設に参加
藪野健(1943-)洋画家、日本芸術院会員、日本芸術院賞、二紀会副理事長
山田睦三郎(1901-1984)洋画家、春陽展・新文展等に出品、大沢鉦一郎に師事
和田英作(1874-1959年01月03日)洋画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員白馬会の創立に参加

↑ PAGE TOP