UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

郷土画人展 大庭松風・村松以弘の周辺

郷土画人展 大庭松風・村松以弘の周辺

郷土画人展 大庭松風・村松以弘の周辺
会期:2003年2月22日~4月6日
会場:掛川市二の丸美術館
収録作家:大須賀鬼卵/大庭松風/村松以弘/丸尾月嶂/月僊/谷文晁/春嶺

文献インデックスへ
ネット検索で出てこない画家

郷土の画人展 村松以弘の師、月僊と文晁 以弘の門下、半香と顕斎他

郷土の画人展 村松以弘の師、月僊と文晁 以弘の門下、半香と顕斎他

郷土の画人展 村松以弘の師、月僊と文晁 以弘の門下、半香と顕斎他
発行日:2002年3月9日
発行:掛川市二の丸美術館
内容:掛川市二の丸美術館において2001年まで調査した作家の作品を掲載。
収録作家:村松以弘/谷文晁/月僊/丸尾月嶂/大庭松風/平井顕斎/福田半香/釈思玄/小栗松靄/熊谷青城/武田桜園/村松弘道

郷土の文人画 幕末~明治の画家たち

郷土の文人画 幕末~明治の画家たち

郷土の文人画 幕末~明治の画家たち
発行日:2001年2月3日
発行:掛川市二の丸美術館
内容:掛川市二の丸美術館において2000年まで調査した作家の作品を掲載。
収録作家:大須賀鬼卵/村松以弘/村松弘道/小山汪水/前田靄斎/榛葉淡南/村松小洲/下平霞舟/山崎華谷

郷土画人展目録 遠州掛川時代を築いた人々

郷土画人展目録 遠州掛川時代を築いた人々

郷土画人展目録 遠州掛川時代を築いた人々
会期:2000年3月18日~4月23日
会場:掛川市二の丸美術館
収録作家:村松以弘/中村轍外/大須賀鬼卵/大庭松風/丸尾月嶂/釈思玄/大久保一丘/武田桜園/木村半雨

収録作家一覧

大久保一丘(不明-1859年12月03日)江戸後期の画家、諱好古・好徳、字敏夫、通称惣次郎、別号伯隣・王江蘋
大須賀鬼卵(1744-1823年04月04日)江戸中期から後期の戯作者、別号陶山・知白・栗杖亭
大庭松風(1767-1846)江戸後期の画家、村松以弘に学ぶ、名廷香、字国馥、幼名豊蔵、通称代助、別号松風亭など
小栗松靄(1814-1894)幕末から明治期の画家、福田半香の門人
木村半雨(1844-1910)幕末から明治期の画僧、福田半香の門人
熊谷青城(1819-1900年11月23日)幕末から明治期の画家、福田半香の門人、字子方、別号全安・此君楼
月僊(1741-1809年02月25日)江戸中期から後期の画僧、伊勢山田寂照寺住職、名玄瑞、字祥啓
小山汪水(1858-1935)日本画家、渡辺小華の門人、通称伝二郎、初号華谷、別号甞百艸堂
下平霞舟(不明-不明)日本画家、野口小蘋に学ぶ
釈思玄(1786-1845)江戸後期の画僧、村松以弘に師事
春嶺(不明-不明)掛川藩のお抱え医師、内藤春嶺
榛葉淡南(1890-1971)日本画家、木村半雨に学ぶ、本名貫次
武田桜園(1814-1879年02月)幕末から明治期の画家、福田半香の門人、名慶曜、別号墨翁
谷文晁(1763-1841年01月06日)江戸中期から後期の文人画家、号写山楼・文阿弥
中村轍外(不明-不明)江戸後期の画家、名公成、別号嶽蓮・無限道人
平井顕斎(1802-1856年4月)江戸後期の画家、渡辺崋山門
福田半香(1804-1864年09月23日)江戸後期の文人画家、名佶、字吉人、崋山門、号暁斉
前田靄斎(1883-不明)日本画家、名長太郎、別号田徴
丸尾月嶂(不明-1827)江戸後期の画家、本姓河村
村松以弘(1772-1839)江戸後期の画家・歌人、名維孝、字以弘、通称奥五郎、別号笠斎・小笠山房主人など
村松弘道(1795-1862)江戸後期の画家、谷文晁の門人、通称孫兵衛、号原谷
村松小洲(不明-不明)日本画家、渡辺小華の門人、初号小邨、村松白華の子
山崎華谷(1905-1947)日本画家、山下青厓・前田靄斎、本名隆、別号碎石・竹荘

↑ PAGE TOP