UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

東三画人伝~近世以降東三河日本画家列伝~

東三画人伝~近世以降東三河日本画家列伝~

東三画人伝~近世以降東三河日本画家列伝~
発行:1989年1月15日
著者:竹内孝一
発行:竹内孝一
内容:近世以降に東三河地方で活動した東三河出身か関係のある画家141名を紹介。

文献インデックスへ
ネット検索で出てこない画家

収録作家一覧

横田養休(不明-不明)久世出雲守のころ吉田藩お抱え絵師
鷹見爽鳩(1690-1735)江戸中期の武士・儒者
土肥二三(1639-1732年02月01日)江戸前期の茶人
松平信祝(1683-1744年05月29日)江戸中期の大名
松平資訓(1700-1752年05月09日)江戸中期の大名
高須麦雪(不明-1756)江戸中期の俳人、師太田白雪・麦柿舎乙由
高須梅室(不明-1776)江戸中期の北宋の漢画家、麦雪の孫、通称嘉兵衛元敦、字稚原
三宅了閑(1710-1791年04月16日)三河田原藩の第4代藩主・三宅康高
三宅紫山(不明-1792)江戸中期から後期の画家、了閑の曽孫
太田山陰(不明-1792)江戸中期から後期の画家、名太田新右衛門、諱皓、字白駒、別号宮道山樵
平山文鏡(不明-不明)江戸中期から後期の画家、田原藩藩主平山忠左衛門直儀の別号だといわれる
平山梅人(1744-1801)江戸中期から後期の俳人
佐藤南澗(不明-1807)江戸中期から後期の画家、諱徳柄、字大謙、別号欄干坊
湛木澄山(不明-1809)江戸中期から後期の僧、牛川正太寺住職
了願(不明-1822)江戸中期から後期の僧、花園町浄円寺十二世
大須賀鬼卵(1744-1823年04月04日)江戸中期から後期の戯作者、別号陶山・知白・栗杖亭
菅江真澄(1754-1829)江戸中期から後期の画家・紀行文作家
加藤宝鶏(不明-不明)江戸中期から後期の画家、名立參
鳥居靖斉(不明-不明)江戸中期から後期の画家、名新三郎
横井金谷(1761-1832)江戸中期から後期の浄土宗の僧、与謝蕪村に学ぶ
木村紅蓼(不明-1836)江戸中期から後期の画家、通称伊佐衛門、名正教
渡辺如山(1816-1837年08月12日)江戸後期の南画家、師椿椿山、渡辺崋山の実弟、名定保、字叔保、通称五郎、別号華亭など
政池遠恥(不明-1839)江戸後期の画家、名彦作、諱威、別号遠恥堂
渡辺崋山(1793-1841年11月23日)江戸後期の南画家・蘭学者、谷文晁らに師事、田原藩家老
山田洞雪(不明-1842)江戸後期の画家、師狩野洞淋
中村石鶴(不明-不明)江戸後期の医者・画家
岸翠(不明-不明)江戸後期の画家、京都で岸派に学ぶ、永島蕉六
楽庵(不明-1844)江戸後期の書家・画家、通称茶七、別号一樹道人
恩田石峰(1775-1847年06月14日)江戸後期の南画家、師渡辺南岳、名方、字大矩、通称吉作
辻内文福(不明-不明)江戸後期の画家、師谷文晁、徳川幕府の役人
福谷水竹(不明-1850)江戸後期の俳人・画家、師青々處卓池、諱世黄、俳号涼石居水竹、狂号赤守
佐藤大寛(不明-1848)江戸後期の画家、師鈴木鳴門、名大寛、字栗
海山宗恪(1769-1846)江戸後期の僧
鈴木三岳(不明-1854)江戸後期の俳人・画家、師青々處卓池、通称與兵衛
佐藤白麟(不明-1856)江戸後期の画家、師塩川文麟、通称俊三郎、別号文陵
横山文堂(不明-1856)江戸後期の画家、師谷文晁
山田香雪(不明-1857)江戸後期の画家、名意誠、別号眞誠斉
金子豊水(1815-1864)江戸後期の南画家、名徳褒、字猛卿、通称武四郎
天野芳湖(不明-不明)江戸後期の南画家、師福田半香
星野田斉(不明-不明)江戸後期の画家、別号天福道人、鉛筆画を得意とした
土井平所(不明-不明)江戸後期の画家、通称竹屋権四郎、別号蘭竹草堂
榊原翠塘(不明-1870)江戸後期の彫刻家、師石峰、名孫兵衛
了覚(不明-不明)江戸後期の僧
佐藤梅鄰(不明-1873)江戸後期の画家、鈴木南領・岡本豊彦、名維淳、字伯還
稲田文笠(1808-1873年08月26日)江戸後期の南画家、師谷文晁、幼名佐吉郎、名林広
大河内信古(1829-1888)三河吉田藩の第7代藩主
夏目周岳(不明-1875)江戸後期の画家、師渡辺清、通称重八
原田圭岳(1803-1885年05月19日)江戸後期から明治期の南画家、師鈴木南嶺、幼名竹撫、名甫、別号芳樹店、曲街隠士、鉄圭賤生など
山田永豊(不明-1884年11月)日本画家、師佐竹永海、字修、別号秋錦堂
内藤飛雪(不明-不明)江戸後期の俳人・画家、師佐野蓬宇、名源蔵
渡辺小華(1835-1887年12月29日)日本画家、師椿山・半香、名諧、字沼卿、峯山次男
三宅友信(1807-1886年08月08日)江戸後期の蘭学者
野澤白華(不明-不明)日本画家、師春木南溟・渡辺小華、名龍
山田太古(不明-1888)日本画家、名山田新一郎、篆刻を得意とした
深井清華(不明-1888)日本画家、師渡辺小華、名諫雄
大平小洲(1849-1930年03月08日)日本画家、師渡辺小華、日本美術協会会員、日本南画協会会員
松坂秀峰(不明-1889)日本画家、師中島来章、幼名和三郎
佐藤牧水(不明-不明)日本画家、師高橋杏村、名良三
関根痴堂(1841-1890年09月22日)日本画家、師渡辺小華、名録三郎、字美意・美柔
高林海荻(不明-1892)日本画家、名乾助、字苔、俳号萩守
稲田耕山(不明-1894年02月25日)日本画家、師渡辺小華、小学校で教鞭をとる
畑在周(不明-不明)京都の四條派の画家、明治20年ころから豊橋で活動
畑仙齢(1865-1929年03月30日)日本画家、師岸竹堂・鈴木百年、内国絵画共進会褒状、百年門下の四天王と称された
長井桂山(不明-1899)日本画家、師銕翁・逸雲、名元次郎
富田細雨(不明-1907)日本画家、師文笠、山水と得意とした
長華渓(不明-不明)日本画家、師菅原白龍
田南岳嶂(1876-1928)日本画家、師幸野楳嶺・野村文挙、日本美術協会・日本画会会員
長尾清江(不明-1911)日本画家、師渡辺小華、竹を得意とした
長尾華陽(不明-1913年07月12日)日本画家、師椿山、名正名、通称作兵衛のち僊蔵、別号守拙庵・不休斎
森田緑雲(1853-1913年08月25日)日本画家、師渡辺小華、京都青年共進会一等賞
水野畊雨(不明-1913)日本画家、独修、花園町眞宗浄円寺の元住職
鈴木拳山(1842-1915年11月15日)日本画家、師稲田文笠・鈴木鵞湖、名潜、別号龍雨・成道、魚介の絵を得意とした
小野杜堂(1840-1915年10月14日)日本画家、師渡辺小華、号掃石、幼名柳三郎、通称久六、諱正爾
石川鴻斎(1833-1918年09月13日)幕末から明治期の漢学者・画家
鈴木梅巌(1836-1918)日本画家、師渡辺小華、本名五平次
村田小圃(不明-1921)日本画家、師渡辺小華、本名周作
加藤玉壺(不明-1919年06月03日)日本画家、師渡辺小華、本名皆蔵
松井春泉(1843-1911年06月)日本画家、名順三、代々幡州明石藩の侍医
大河戸晩翠(1845-1921年10月18日)日本画家、師稲田文笠・渡辺小華
小笠原華文(1876-1924年06月)日本画家、師荒木十畝、読画会展等受賞
井村常山(1843-1925)日本画家、師渡辺崋山・大竹蒋塘、名貫一
植田衣洲(1855-1925年04月19日)日本画家、師渡辺小華、幼名耕三郎、名新寛、字耕圃、通称七三郎
村上華谷(不明-1927年10月29日)日本画家、師大河戸晩翠、本名啓八
杉山呉洲(1863-1929年05月23日)日本画家、師跡見復山、名半七、初号小谷・雲領
渡辺華石(1852-1930年11月06日)日本画家、師渡辺小華、小華の死後渡辺家をつぐ
井上華陵(1862-1930)日本画家、師渡辺小華、通称泰次郎、別号明声館
山本暁堂(不明-1931年01月02日)日本画家、師華陽老人、通称松二
疋田芳沼(1878-1934)日本画家、師田中月耕・菊池芳文、文帝展褒状
佐原竹崖(1887-1936年10月07日)日本画家、師山下青厓、本名竹次、初号竹堂
鏑木華国(1868-1942年06月05日)日本画家、師渡辺小華、小崋会会長
白井永川(1884-1942年04月17日)日本画家、師森田緑雲、神職の傍ら画作につとめた
柳沼玄泉(不明-不明)日本画家、師白井永川・森田緑雲、別号陽谷
大羽東洲(不明-不明)日本画家、師杉山呉洲、本名誠一
石川照波(不明-1947)日本画家、師山田松岳、歯科医、本名力松
夏目泰果(1881-1951)日本画家、東美西洋画科中退、師鈴木拳山、魚介画を得意とした
市川深渕(1894-1951年06月26日)日本画家、師山田松岳、本名金一郎
高橋清舫(不明-1959)日本画家、独修、本名正次郎
大口蓊山(1870-1957年01月27日)日本画家、師日下部道壽、東京薬科大学理事長、本名理一郎、通称喜六
遠山唯一(1907-1959年10月25日)日本画家、師松林桂月・伊東深水、インドの女性をミチーフにした
岡田杉峰(不明-1960)日本画家、師鈴木拳山、宮大工、本名永次
竹田義堅(不明-1922年04月)全久院二十七世住職
田中梅甫(1873-1942年06月17日)日本画家、師其角堂機一、本名雄吉
藤村一舟(1879-1966年09月27日)日本画家、師杉山呉洲・夏目泰果、本名耕一郎
篠田柏邦(1883-1969年04月18日)日本画家、東美卒、師今尾景年、文展・帝展出品
山田松貞(1886-1965年09月05日)日本画家、師白井青渕、本名山田貞二郎
田中雪山(1870-不明)日本画家、師猩々暁斉、山水・花鳥、肖像画等を描いた
鈴木華泉(1884-不明)日本画家、師渡辺華石
杉石抱華(不明-1977年01月01日)日本画家、師山田松岳、歯科医
熊田梅石(1889-1971年06月23日)日本画家、師毛利梅友、日本南画院院友
田中康岳(不明-不明)日本画家、昭和の初め頃豊橋に居住、琵琶を得意とした
牧野竹翠(1892-1973年12月03日)日本画家、師白井青渕、三河美術展・豊橋市美術展等に出品
清原雅石(1893-1967年12月21日)日本画家、師高橋清舫・白井青渕、本名清原速雄
黒田一槍(1893-1967年12月21日)日本画家、師白井青渕、宗墨会会長、本名黒田彦蔵
横田琴荘(不明-不明)日本画家、師白井永川・関屋雲外、本名横田安治
村瀬長晃(不明-不明)日本画家、師橋本関雪・前田青邨
河合玉泉(1896-1966)日本画家、師白井青渕、宗墨会顧問、県議会議員、本名河合源三郎
佐藤石邦(1895-1971)日本画家、師白井永川、旧号加藤房一、別号雨聲
倉内一壺(1899-不明)日本画家、師白井永川・福田浩湖、初号寛山道人
北角六橋(1898-1983年02月01日)日本画家、師大口蓊山・白井青渕、本名藤吉
熊田梅芳(1898-1976年05月01日)日本画家、熊田梅石の妻、本名とみ
太田美山(1897-不明)日本画家、京都の細田画塾で学び後の上京して伊東深水に学ぶ、本名才次
村松乙彦(1912-1983年10月13日)日本画家、師児玉希望・矢崎弦月、日展評議員
鵜飼節夫(1902-1983年02月20日)日本画家、師小茂田青樹・堅山南風、日本美術院特待
石川華香(1903-1981年03月14日)洋画家、アメリカ水彩画協会会員、日米美術協会会長
中村正義(1924-1977年04月16日)日本画家、師中村岳陵、日展審、从展の創立に参加、写楽の研究家としても知られる
白井烟嵓(1894-1976年01月19日)日本画家、師松林桂月、日本南画院創設に参加、桂月鑑定の第一人者
福井喜代子(1941-)日本画家、日展出品

↑ PAGE TOP