UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

和歌山県立近代美術館所蔵品目録

和歌山県立近代美術館所蔵品目録

和歌山県立近代美術館所蔵品目録
発行日:1985年3月31日
発行:和歌山県立近代美術館
内容:1985年3月31日現在の和歌山県立近代美術館所蔵資料のうち、慣例上日本画・油彩画・水彩画・版画・彫塑・陶器・素描・下絵・資料に分類される作品を収録。
文献インデックスへ

収録作家一覧

青山義雄(1894-1996年10月09日)洋画家、元春陽会会員、元国画会会員、大下藤次郎・永地秀太・マティスらに師事
旭正秀(1900-1956年11月24日)版画家、日本創作版画協会会員、木版画で異国的主題を平明に描いた、別号泰弘
畦地梅太郎(1902-1999年04月12日)版画家、元国画会会員、戦後から国際的に活動、自然な写実から離れ独自のユーモラスな作画を展開
飯守好雄(1895-1965)洋画家
飯守米子(1897-1991年03月15日)洋画家、朱葉会理事
石井柏亭(1882-1958年12月29日)洋画家、日本芸術院会員、師石井鼎湖、太平洋画会・日本水彩画会・二科会・一水会の創立に参加
石垣栄太郎(1893-1958年01月23日)洋画家、渡米してジョン・スローンに師事、以後アメリカに滞在して活躍
石塚太喜治(不明-不明)洋画家
泉茂(1922-1995年05月11日)版画家、版画・油彩を制作、大阪芸術大学名誉教授
泉茂(1922-1995年05月11日)版画家、版画・油彩を制作、大阪芸術大学名誉教授
稲垣知雄(1902-1980年05月14日)版画家、国画会名誉会員、日本版画協会名誉会員、国際版画協会創立メンバー、猫を好んで題材とした
上野誠(1909-1980年04月13日)版画家、日本版画協会会員
宇佐美圭司(1940-2012年10月19日)洋画家、元京都市立芸術大学教授、元武蔵野美術大学教授
宇治山哲平(1910-1986年06月18日)洋画家、国画会会員、元大分県立芸術短期大学学長、元別府大学教授
瑛九(1911-1960年03月10日)洋画家、印画紙による「フォトデッサン」発表、自由美術家協会創立に参加し油彩も制作、デモクラート美術家協会結成
楠本俊治(1910-1950)洋画家
大歳敏秋(1906-1993年05月28日)洋画家、日展特選、東光会会員
小上南嶺(1893-1966)日本画家
織田一磨(1882-1956年03月08日)版画家、創作版画運動を起こし、日本創作版画協会設立、日本版画協会の創立に参加
小野忠重(1909-1990年10月17日)版画家、日本美術会の創立に参加、版画研究家としても知られる
小野竹喬(1889-1979年05月10日)日本画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、京都絵専卒、師竹内栖鳳、国画創作協会創立会員
小野木学(1924-1976年08月24日)洋画家、幾何学的抽象絵画で注目され、版画も制作した
恩地孝四郎(1891-1955年06月03日)版画家、山本鼎らと日本創作版画協会創立、創作版画の発展に重要な役割を果たす、国画会会員、戦後は抽象表現を展開
中川力(1918-1994年06月01日)洋画家、元一水会会員
加納光於(1933-)版画家、独学で銅板画制作を学ぶ、銅版画を使った表現を展開、造本や装幀も手がけた
鹿子木孟郎(1874-1941年04月03日)洋画家、天彩学舎・不同舎で学ぶ、号不倒、浅井忠とともに関西美術院を創立
亀井玄兵衛(1901-1977年03月11日)日本画家、元青龍社社人、東方美術協会結成に参加
川上澄生(1895-1972年09月01日)版画家、日本版画協会の創立に参加、国画会会員、文明開化の明治調・異国情緒豊かな南蛮風を得意とした
川口軌外(1892-1966年06月05日)洋画家、国画会会員、中村不折・小杉未醒に師事、独立美術協会の創立に参加
川西英(1894-1965年02月20日)版画家、国画会会員、竹下夢二に私淑、風俗・風景を描きサーカスを題材にした異国趣味的な作品に定評
川端龍子(1885-1966年04月10日)日本画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、元日本美術院同人、青龍社結成
北川民次(1894-1989年04月26日)洋画家、日本板画院の創立に参加、メキシコで活躍、元二科会会長
北村今三(1900-1946)版画家、木版、川西英らと三紅会を結成、日本版画協会会員、日本版画奉仕会会員
木下孝則(1894-1973年03月29日)洋画家、日本芸術院賞、日展評議員、一水会創立会員、1930年協会創立会員
木下雅子(1905-1936年06月15日)洋画家、木下義謙の夫人
木下義謙(1898-1996年07月16日)洋画家、一水会創立会員、女子美術大学名誉教授、兄は木下孝則
木村光佑(1936-)版画家、海外版画展等で受賞、現代日本彫刻展大賞
木村秀樹(1948-)版画家
清塚紀子(1940-)版画家、日本版画協会会員
国枝金三(1886-1943年11月20日)洋画家、文展無鑑査、二科会会員
黒崎彰(1937-)版画家、日本版画協会会員・理事、独特の黒色をベースにした多色木版画を国際展で多く発表、京都精華大学教授
小林清子(1947-)版画家、日本版画協会会員
駒井哲郎(1920-1976年11月20日)版画家、日本版画協会会員、春陽会会員、東京芸術大学教授、鋭い線を持つ独自の銅板画の世界を築いた
斎藤清(1907-1997年11月14日)版画家、文化功労者、日本版画協会物故会員、国画会会員、雪深い会津の景色を描いた素朴な画風で知られる
斎藤智(1936-)版画家
笹島喜平(1906-1993年05月31日)版画家、日本版画協会名誉会員、棟方志功に師事し日本板画院の創立に参加、元国画会会員、風景・仏神像を多く描いた
品川工(1908-2009年05月31日)版画家、国画会永年会員、日本版画協会名誉会員
下沢木鉢郎(1910-1986年06月08日)版画家、木版、国画会版画部が設立されるに伴い版画を始める、日本板画院の創立に参加
下村観山(1873-1930年05月10日)日本画家、帝室技芸員、師狩野芳崖・橋本雅邦、日本美術院創立及再興に参加・日本画の革新を目指した、東美教授
白髪一雄(1924-2008年04月08日)洋画家、アクションペインティング、元具体美術協会会員、ゼロ会結成
神中糸子(1860-1943年02月04日)洋画家、女子美術教育に尽力
菅井汲(1919-1996年05月14日)洋画家、芸術選奨、明快な色彩と幾何学的形態の作品を制作、国内外で評価された
杉田勇次郎(1900-1984年08月31日)日本画家、京都絵画専卒、師入江波光、国画創作協会会員
須田国太郎(1891-1961年12月16日)洋画家、日本芸術院会員、独立美術協会会員、長く教育の場に身を置き指導者として影響力をもった
清宮彬(1886-1969年10月05日)版画家、白馬会葵橋研究所で黒田清輝に学ぶ、ヒュウザン会や草土社結成に参加、日本版画協会の創立に参加
関野凖一郎(1914-1988年04月13日)版画家、芸術選奨、国画会会員、日本版画協会理事、日本銅板画家協会創立会員、日本エッチング協会創立
高井貞二(1911-1986年06月26日)洋画家、二紀会委員、二科展出品・吉原治良らと九室会結成、行動美術協会創立に参加
高橋秀(1930-)洋画家、芸術選奨文部大臣賞、独立美術協会会員、日芸大賞、安井賞
建畠覚造(1919-2006年02月16日)彫刻家、抽象、文化功労者、芸術選奨文部大臣賞、行動美術協会創立会員
建畠大夢(1880-1942年03月22日)彫刻家、帝国美術院会員、東京美術学校教授、直土会創立
田中恭吉(1892-1915年10月23日)版画家、白馬会原町洋画研究所で学ぶ、恩地孝四郎・藤森静雄と「微笑派の3人」と呼び合う、23歳で死去
玉置照信(1879-1953)洋画家、東美卒、師黒田・浅井、パリ万博
玉置正敏(1924-2001年05月08日)洋画家、新制作協会会員
津高和一(1911-1995年01月17日)洋画家、元行動美術協会会員、大阪芸術大学名誉教授教務
土谷武(1926-2004年10月12日)彫刻家、抽象、芸術選奨、新制作協会会員
徳力富吉郎(1902-2000年07月01日)版画家、京都版画館設立、国画創作協会
富本憲吉(1886-1963年06月08日)陶芸家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、色絵磁器の人間国宝、国画会会員、京都市立美術大学学長
永瀬義郎(1891-1978年03月08日)版画家、創作版画協会を結成、日本版画協会の創立に参加、我が国近代版画界の中心的存在
中畑艸人(1912-1999年09月27日)洋画家、一水会運営委員、馬の絵で知られる
中林忠良(1937-)版画家、日本版画協会理事、東京芸大在学中から駒井哲郎の指導で腐蝕銅版画をはじめ、海外からも高い評価を得る
中村新次郎(1906-2003年04月)洋画家、日展会友、示現会創立会員・顧問
中谷紀山(1899-1967)日本画家、師小室翠雲
新田穣(1905-1949)版画家
野田哲也(1940-)版画家、東京芸大大学院修了、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ大賞、ノルウェー国際版画ビエンナーレ大賞等受賞
野長瀬晩花(1889-1964年03月31日)日本画家、師谷口香☆、土田麦僊らと国画創作協会を創立
のむら清六(1916-1995年10月30日)日本画家、元日本表現派会員、元新興美術院理事
萩原英雄(1913-2007年11月04日)版画家、元日本版画協会理事長
硲伊之助(1895-1977年08月16日)陶芸家・洋画家、一水会陶芸部創立会員、元東京芸術大学教授、別号:三彩亭
橋本興家(1899-1993年08月18日)版画家、日本版画協会名誉会員・元理事長
長谷川潔(1891-1980年12月13日)版画家、銅版、日本版画協会の創立に参加、フランス芸術院会員、一度も帰国することなくフランスで活躍
長谷川利行(1891-1940年10月12日)洋画家、二科樗牛賞、1930年展出品、1932年頃から放浪生活に入る
秦テルヲ(1887-1945年12月25日)日本画家、京美卒、龍村織物図案部に勤めたのち放浪しながら制作した
羽山金次郎(1910-1968)洋画家
浜口陽三(1909-2000年12月25日)版画家、日本版画協会名誉会員、自由美術家協会の創立に参加、半透明の中間調の銅版画を制作、海外で名声を高めた
浜田知明(1917-)版画家、東美油画科卒、現代日本美術展等出品、ウフィッツィ美術館個展
原勝四郎(1886-1964年02月14日)洋画家、東美卒、二紀同人、岡田賞二科賞
春村ただを(1901-1977)版画家
稗田一穂(1920-)日本画家、文化功労者、日本芸術院賞恩賜賞、東美卒、師山本丘人、創画会会員
日高昌克(1881-1961年07月20日)日本画家、南画を独学、富岡鉄斎・橋本関雪らに傾倒し独自の画風を開く
平塚運一(1895-1997年11月18日)版画家、山本鼎の児童自由画および農民美術の育成運動に参加、創作版画運動の普及と教育に尽力した、日本創作版画協会創立に参加
深沢索一(1986-1946年01月12日)版画家、日本版画協会創立会員、日本創作版画協会会員
深澤幸雄(1924-)版画家、日本版画協会名誉会員
福沢一郎(1898-1992年10月16日)洋画家、文化勲章、文化功労者、芸術選奨、超現実主義運動を推進した、独立美術協会・美術文化協会の創立に参加、元多摩美術大学
藤森静雄(1891-1943年05月28日)版画家、日本版画協会創立会員、日本創作版画協会創立に参加、恩地らと『内在』創刊、新聞の挿絵等も担当した
逸見享(1895-1944年10月19日)版画家、日本版画協会創立会員、日本創作版画協会会員
ヘンリー杉本(1901-1990年05月08日)洋画家、二科会会員
星襄一(1913-1979年06月17日)版画家、日本版画協会会員、生家の印刷業を手伝いながら孔版画を手がけ、国内外に抽象的版画を出品
前川千帆(1888-1960年11月17日)版画家、日展会員、日本版画協会・日本版画会の創立に参加、庶民の生活に根ざした素朴な木版画を得意とした
前田藤四郎(1904-1990年05月19日)版画家、日本版画協会名誉会員、春陽会会員
前田政雄(1904-1974年03月27日)版画家、木版、日本版画協会会員、国画会会員
馬渕聖(1920-1994年03月25日)版画家、日本版画会創立委員・会長、光風会評議員
水船六洲(1912-1980年06月30日)彫刻家、日本芸術院賞、日展理事、総理大臣賞
三村行雄(1910-1961)日本画家
村井正誠(1905-1999年02月05日)洋画家、自由美術家協会・モダンアート協会の創立に参加、武蔵野美術大学名誉教授、抽象的色面と太い線描を重ねた独自の構成
元永定正(1922-2011年10月03日)洋画家、浜辺万吉に師事、漫画から洋画に転向、抽象作品へ移行する、元具体美術協会会員
保田春彦(1930-)彫刻家、芸術選奨新人賞、中原悌二郎賞、平櫛田中賞
保田龍門(1891-1965年02月14日)彫刻家、ブロンズ、元日本美術院同人、兼洋画
柳頼雅(1902-)書家
山口源(1896-1976年07月15日)版画家、国画会会員、日本版画協会会員
山口進(1897-1983年11月25日)版画家、木版、日本版画協会創立会員、日本美術学校卒
山口八九子(1890-1933年10月02日)日本画家、京都絵画専卒、帝展等出品、日本南画院同人
山本豊市(1899-1987年02月02日)彫刻家、乾漆、文化功労者、芸術選奨、東京芸術大学名誉教授、愛知県立芸術大学名誉教授
横尾忠則(1936-)造形美術家、グラフィックデザイナーとして大きな影響力を持ち、1982年に画家宣言し独自の画風を展開する
吉田一夫(1911-)洋画家
吉田政次(1917-1971年09月19日)版画家、木版、元モダンアート協会会員
吉原英雄(1931-2007年01月13日)版画家、具体美術協会の結成に参加、京都市立芸術大学名誉教授
若林奮(1936-2003年10月10日)彫刻家、金属・抽象、芸術選奨、元多摩美術大学教授、環境運動にも尽力した
渡瀬凌雲(1904-1980年05月17日)日本画家、師山本梅荘・福田浩湖、日本南画院副理事長

アンドレ・ロート(1885-1962)海外
マッシモ・カンピーリ(1895-1971)海外
李禹煥(1936-)海外「もの派」を主導する作家の一人、元多摩美大教授

↑ PAGE TOP