UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

祇園南海とその時代

祇園南海とその時代

祇園南海とその時代
会期:2011年10月22日~11月27日
主催:和歌山市立博物館
内容:紀伊藩の儒者で、日本南画の祖とされる祇園南海の作品と関係資料を一堂に集め、南海が文人画を描いた時代背景を探る。
トップ画像:祇園南海「山水図巻」

文献インデックスへ
日本南画の祖・祇園南海
ネット検索で出てこない画家・紀伊

和歌山市立博物館外観

展覧会内容(図録序文より抜粋)

江戸時代の中ほどに差しかかると、太平の世に慣れ親しんだ人々は、教養を重んじるようになりました。漢詩を吟じ、和歌を詠み、物語を愛読しました。 そのような教養ある人々は、既成の絵画に飽き足らず、中国の南宗画を範として、自らの文学作品を絵画としてビジュアル化しようとします。それが文人画です。 わが国の文人画の始祖と讃えられているのは、紀州藩お抱え医師の子として生まれた祇園南海です。
(中略)
南海は、詩文だけにとどまらず、そのビジュアル化のために、多くの文人画を残しました。それは、単なる南海の嗜好によるものではなく、 時代が南海に文人画を描かせたといえるでしょう。本展覧会は、祇園南海の作品と関係資料を一堂に集め、南海が文人画を描いた時代背景を探ります。

↑ PAGE TOP