UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

近代・広島画人伝

近代・広島画人伝

近代・広島画人伝
発行日:2011年10月27日
発行:公益財団法人頼山陽記念文化財団
内容:明治・大正期の広島画壇で指導的役割を果たした里見雲嶺を中心に、雲嶺の師である中井泰嶺・山県二承、雲嶺亡き後の広島画壇を牽引した田中頼璋に至る、広島における四条派の系譜をたどった。
トップ画像:里見雲嶺「厳島夏祭管絃祭の図」

文献インデックスへ
ネット検索で出てこない画家

収録作家

山田雪塘/中井泰嶺/山県二承/里見雲嶺/田中頼璋

↑ PAGE TOP