UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

猿猴庵とその時代-尾張藩士の描いた名古屋-

猿猴庵とその時代-尾張藩士の描いた名古屋-

猿猴庵とその時代-尾張藩士の描いた名古屋-
会期:1986年11月15日~12月14日
編集・発行:名古屋市博物館
内容:江戸後期に名古屋城下や近在の村々の風俗を描き続けた尾張藩士・高力猿猴庵の、所在が確認できた作品のほとんどと、関連の資料が展示・収録されている。

文献インデックスへ
ネット検索で出てこない画家

収録作家一覧

高力猿猴庵内藤東甫高力種昌高力全休庵小田切春江森玉僊(高雅)小寺玉晁

↑ PAGE TOP