UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

いわき市立美術館所蔵作品図録

いわき市立美術館所蔵作品図録

いわき市立美術館所蔵作品図録
発行日:1984年4月28日
発行:いわき市立美術館
内容:1984年10月17日現在のいわき市立美術館所蔵作品を収録。

文献インデックスへ

収録作家一覧

赤堀信平(1899-1992年12月21日)彫刻家、木彫・ブロンズ、日展参与、国会正面玄関にある尾崎行雄の胸像など制作
畦地拓治(1948-2000年12月18日)彫刻家・版画家、東京芸大大学院修了、現代日本美術展等で受賞、畦地梅太郎の次男
阿部幸洋(1951-)洋画家、スーパーリアリスム、昭和会展等出品、スペインで活動
荒川華関(1870-1941年08月31日)日本画家、師国井雲嶂・小林寒林・野澤白華、日本南画院等に出品、鹿島村村長を務める
荒川修作(1936-2010年05月20日)美術家・建築家、ドクメンタ・現代日本美術展をはじめ国際的な場で発表、前衛芸術の旗手として活躍
伊藤知香(1944-)前衛陶芸家、伊藤公象とともに美術工房・桑土舎を設立、伊藤や荒木高子との二人展、個展を多く開催
井上長三郎(1906-1995年11月17日)洋画家、自由美術協会会員、日本美術会会員、太平洋画会研究所に学ぶ
猪熊弦一郎(1902-1993年05月17日)洋画家、新制作派協会の創立に参加、渡米し抽象表現に転じニューヨークを中心に活動
上田薫(1928-)洋画家、現代日本美術展等で受賞、スーパー・リアリズムあるいはフォト・リアリズムで日本を代表する作家
内田晴之(1952-)彫刻家、行動美術協会会員、現代日本美術展・エンバ賞美術展等で受賞
江口週(1932-)彫刻家、芸術選奨文部大臣賞、中原悌二郎賞、平櫛田中賞
遠藤正三(1907-1982)洋画家、独立美術協会会員、いわき市内の小中学校で学校教育に携わる、いわき美術協会副会長
大隅英雄(1955-)彫刻家、東京芸大大学院修了、ヘンリー・ムーア大賞展佳作賞等受賞
大平華泉(1913-1983年08月23日)日本画家、師荒川華関・松林桂月、日本南画院副理事長、日展会友
小田襄(1936-2004年01月24日)彫刻家、金属・抽象、新制作協会会員、日本美術家連盟理事長、多摩美術大学教授
大沼映夫(1933-)洋画家、国画会会員、元東京芸大教授
オノサトトシノブ(1912-1986年11月30日)洋画家、自由美術協会の創立に参加、幾何学的構成による作品を追求、小野里利信
小山田二郎(1914-1991年07月26日)洋画家、元自由美術家協会会員、主に顔・鳥女・舞踏をテーマにシュルレアリスムの作風を展開
春日部洋(1930-1998年10月07日)洋画家、野口彌太郎に師事、国際形象展等に出品するが渡仏しパリに定住、サロン・ドートンヌ会員
柄澤齊(1950-)版画家、木口木版、日本版画協会会員、モチーフを謎めく歴史上の人物に求め自身を映すミロワールとして版刻
菊畑茂久馬(1935-)造形作家、「九州派」等前衛的なグループに属して活動、版画集『天動説』を刊行
北郷悟(1953-)彫刻家、新制作協会会員、いわき市総合体育館にモニュメント「イカロス」を設置
木内克(1892-1977年03月08日)彫刻家、ギリシャ彫刻の影響を受けテラコッタ彫刻を手がけ土偶風の作風を確立した
木村光佑(1936-)版画家、海外版画展等で受賞、現代日本彫刻展大賞
木村利三郎(1924-)版画家、渡米し全米版画展等に出品、ニューヨークに居住しドイツ・アメリカ等で個展
清水九兵衛(1922-2006年07月21日)彫刻家、抽象、七代清水六兵衛、京都造形芸術大学名誉教授
黒崎彰(1937-)版画家、日本版画協会会員・理事、独特の黒色をベースにした多色木版画を国際展で多く発表、京都精華大学教授
小磯良平(1903-1988年12月16日)洋画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、新制作派協会の創立に参加、東京藝術大学名誉教授
小清水漸(1944-)彫刻家、無所属、芸術選奨新人賞、平櫛田中賞
駒井哲郎(1920-1976年11月20日)版画家、日本版画協会会員、春陽会会員、東京芸術大学教授、鋭い線を持つ独自の銅板画の世界を築いた
斎藤清(1907-1997年11月14日)版画家、文化功労者、日本版画協会物故会員、国画会会員、雪深い会津の景色を描いた素朴な画風で知られる
斎藤義重(1904-2001年06月13日)洋画家、美術文化協会の創立に参加、文学的交流を広げながら、半立体=半絵画、インスタレーションへと移行した
坂爪厚生(1941-)版画家、メゾチント、日本版画協会会員
佐藤忠良(1912-2011年03月30日)彫刻家、芸術選奨文部大臣賞、東美卒、新制作協会彫刻部創立に参加、元東京造形大教授
塩田清忠(1931-)洋画家、自由美術・新制作展等に出品、福島県展等で受賞、いわき市内各地で個展開催
志賀幸雄(1954-)版画家、現代日本美術展・日本国際美術展等に出品、海外版画展にシルクスクリーン作品を出品
篠原有司男(1932-)洋画家、荒川修作らとネオ・ダダイズム・オルガナイザースを結成、毎日芸術賞
白髪一雄(1924-2008年04月08日)洋画家、アクションペインティング、元具体美術協会会員、ゼロ会結成
杉全直(1914-1994年01月23日)洋画家、芸術選奨、東美卒、二科展・独立展を経て美術文化協会の創立に参加、元多摩美大教授、元東京芸大教授
鈴木新夫(1915-1980年05月10日)洋画家、新制作協会会員、新具象研究会を主宰し同人誌「画家」を発刊
関根美夫(1922-1989年06月27日)前衛美術家、具体美術協会のメンバーとして活躍
曽根光子(1955-)造形作家、ルナミ画廊等で個展、版画に立体をとりいれた作品で西武美術館版画大賞展で大賞受賞
高木隆行(1959-)版画家、日本版画協会準会員、国展に出品、木版とコログラフの併用
高田洋一(1956-)造形作家、現代日本美術展大賞等受賞
高松次郎(1936-1998年06月25日)洋画家、芸術選奨、ハプニングによる反芸術的行為を展開、ハイ・レッド・センター結成
田口安男(1930-)洋画家、国際形象展等出品、安井賞、ローマ留学でテンペラを学ぶ
竹内庸悦(1934-)洋画家、美術文化協会会員、安井賞展等に出品
田代幸俊(1940-1976)洋画家、現代日本美術展・京都ビエンナーレ等に出品
建畠覚造(1919-2006年02月16日)彫刻家、抽象、文化功労者、芸術選奨文部大臣賞、行動美術協会創立会員
田中稔之(1928-2006年08月07日)洋画家、行動美術協会会員、多摩美術大学名誉教授
田淵安一(1921-2009年11月24日)洋画家、新制作協会会員、東大在学中猪熊弦一郎の指導を受ける、仏留学
土谷武(1926-2004年10月12日)彫刻家、抽象、芸術選奨、新制作協会会員
堂本尚郎(1928-)洋画家、日本画から洋画に転向、抽象表現、文化功労者、叔父は堂本印象
豊福知徳(1925-)彫刻家、日本芸術芸大賞・毎日賞・高村光太郎賞等受賞、ミラノに移住し制作
中西一路(1907-1981)日本画家、東美卒、師結城素明・丘人、新興美術院
中林忠良(1937-)版画家、日本版画協会理事、東京芸大在学中から駒井哲郎の指導で腐蝕銅版画をはじめ、海外からも高い評価を得る
難波田龍起(1905-1997年11月08日)洋画家、文化功労者、国画会を退会フォルム展を結成、自由美術家協会の設立に参加のち退会
野田哲也(1940-)版画家、東京芸大大学院修了、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ大賞、ノルウェー国際版画ビエンナーレ大賞等受賞
野中ユリ(1938-)版画家、版画・オブジェ・コラージュ等でシュルレアリスム的な世界を展開
長谷川潔(1891-1980年12月13日)版画家、銅版、日本版画協会の創立に参加、フランス芸術院会員、一度も帰国することなくフランスで活躍
浜口陽三(1909-2000年12月25日)版画家、日本版画協会名誉会員、自由美術家協会の創立に参加、半透明の中間調の銅版画を制作、海外で名声を高めた
浜田知明(1917-)版画家、東美油画科卒、現代日本美術展等出品、ウフィッツィ美術館個展
林敬二(1933-)洋画家、独立美術協会会員、東郷青児美術館大賞等受賞、安井賞展等出品
速水史朗(1927-)造形作家、現代日本彫刻展やヘンリー・ムーア大賞展等で多数受賞、瓦土を成形焼成
原健(1942-)版画家、リトグラフのグラデーション技法を駆使した東京国際版画ビエンナーレ等で活躍、東京造形大学名誉教授
日和崎尊夫(1941-1992年04月29日)版画家、日本版画協会会員、現代木口木版技法の第一人者
星野暁(1945-)陶芸家、日本陶芸展・エンバ美術賞展等で受賞、走泥社に同人として参加
堀内正和(1911-2001年04月13日)彫刻家、抽象彫刻を手がける、現代国際彫刻展大賞等、京都市立芸術大学名誉教授
堀越政寿(1925-)洋画家、新制作協会会員、現代日本美術展等で受賞
三木富雄(1937-1978年02月15日)彫刻家、日本国際美術展等で受賞、アルミを素材にした「耳」シリーズで知られた
三島喜美代(1932-)陶芸家、現代日本美術展等出品、印刷物をシルクスクリーンで転写した印刷陶器を発表
緑川宏樹(1938-)陶芸家、走泥社に同人として参加、現代日本美術展等に出品、陶を素材にしたオブジェを発表
峰丘(1948-)洋画家、春陽会会員、メキシコに移住し色彩豊かな作風を展開、本名・緑川峯雄
棟方志功(1903-1975年09月13日)版画家、文化勲章、文化功労者、日本板画院を創立、日本版画会創立委員、縄文的な美で世界の注目を集めサンパウロ国際美術展等で受賞
村井正誠(1905-1999年02月05日)洋画家、自由美術家協会・モダンアート協会の創立に参加、武蔵野美術大学名誉教授、抽象的色面と太い線描を重ねた独自の構成
最上壽之(1936-)彫刻家、東京芸大卒業、平櫛田中賞、武蔵美大名誉教授
望月菊磨(1945-)造形作家、東京芸大大学院修了、現代日本美術展等で受賞、エア・アートをはじめ幅広く活動
元永定正(1922-2011年10月03日)洋画家、浜辺万吉に師事、漫画から洋画に転向、抽象作品へ移行する、元具体美術協会会員
両角修(1948-)版画家、日本版画協会会員、版画グランプリ展グランプリ受賞等、日動画廊等で個展
保田春彦(1930-)彫刻家、芸術選奨新人賞、中原悌二郎賞、平櫛田中賞
柳原義達(1910-2004年11月11日)彫刻家、文化功労者、福田平八郎に日本画を学び彫刻に転向、新制作派協会彫刻部創設に参加
山口勝弘(1928-)彫刻家、音楽・舞台など各分野の若手集団実験工房を結成するなど常に前衛的活動を展開
山野辺義雄(1936-)版画家、日本版画協会会員、現代日本美術展等出品、版画集『髭男と小人ノ国』等出版
山本正道(1941-)彫刻家、新制作協会会員、平櫛田中賞、中原悌二郎賞
横尾忠則(1936-)造形美術家、グラフィックデザイナーとして大きな影響力を持ち、1982年に画家宣言し独自の画風を展開する
米林雄一(1942-)彫刻家、二紀会理事、平櫛田中賞
若松光一郎(1914-1995年11月07日)洋画家、新制作協会会員、福島県総合美術展運営委員
渡辺明節(1929-)洋画家、現日美展受賞他
アンリ・マティス(1869-1954)
パブロ・ピカソ(1881-1973)
オスカー・ココシュカ(1886-1980)
マルク・シャガール(1887-1985)
ジョセフ・アルバース(1888-1976)
ジョアン・ミロ(1893-1983)
ヘンリー・ムーア(1898-1986)
M・C・エッシャー(1898-1972)
ルチオ・フォンタナ(1899-1968)
セルジュ・ポリアコフ(1900-1969)
マリノ・マリーニ(1901-1980)
ジャン・デュビュッフェ(1901-1985)
ハンス・アルトゥング(1904-1989)
フリッツ・ウィンター(1905-1976)
ヴィクトル・ヴァザルリ(1908-1997)
フランシス・ベーコン(1909-1992)
ロベルト・マッタ(1911-2002)
ハンス・ナムス(1915-1990)
ジェイコブ・ローレンス(1917-2000)
ピエール・スーラージュ(1919-)
セザール・バルダッチーニ(1921-1998)
リチャード・ディーベンコーン(1922-1993)
サム・フランシス(1923-1994)
ロイ・リキテンスタイン(1923-1997)
ヘスス・ラファエル・ソト(1923-2005)
ポール・ジェンキンス(1923-)
エルズワース・ケリー(1923-)
ロバート・ラウシェンバーグ(1925-2008)
レオナルド・クレモニーニ(1925-2010)
ジョーン・ミッチェル(1926-1992)
パウル・ヴンダーリッヒ(1927-2010)
ピエール・アレシンスキー(1927-)
アレックス・カッツ(1927-)
アンディ・ウォーホル(1928-1987)
サイ・トゥオンブリー(1928-2011)
イヴ・クライン(1928-1962)
ゲイリー・ウィノグランド(1928-1984)
フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(1928-2000)
アル・ヘルド(1928-2005)
ヘレン・フランケンサーラー(1928-2011)
ヤコブ・アガム(1928-)
ジョン・ウェスレー(1928-)
金昌烈(1929-)
ニキ・ド・サンファル(1930-2002)
アラン・ダーカンジェロ(1930-1998)
ホアン・ヘノベス(1930-)
ジャスパー・ジョーンズ(1930-)
トム・ウェッセルマン(1931-2004)
ロマン・オパルカ(1931-2011)
ジョン・バルデッサーリ(1931-)
ジョフレイ・ヘンドリックス(1931-)
ブリジット・ライリー(1931-)
ロン・B・キタイ(1932-)
ジェームズ・ローゼンクイスト(1933-)
ビリー・アル・ベングストン(1934-)
マーク・ボイル(1934-)
カルロス・アルマラス(1935-)
ヤヴァシェフ・クリスト(1935-)
ジム・ダイン(1935-)
メル・ラモス(1935-)
ホルスト・アンテス(1936-)
パトリック・コールフィールド(1936-)
ジェラルド・ライング(1936-)
李禹煥(1936-)
ルーカス・サマラス(1936-)
フランク・ステラ(1936-)
レッド・グルームス(1937-)
デイヴィッド・ホックニー(1937-)
アレン・ジョーンズ(1937-)
アンソニー・グリーン(1939-)
ピーター・フィリップス(1939-)
ジェニファー・バートレット(1941-)
リンダ・ベングリス(1941-)
ジョナサン・ボロフスキー(1942-)
ナイジェル・ホール(1943-)
マーティン・ネイラー(1944-)
韓基柱(1945-)
エイプリル・グレイマン(1948-)
ジェイム・オジャーズ(不明-)
マーティン・ピュアイア(不明-)
レイモンド・ソーンダース(不明-)

↑ PAGE TOP