池永康晟が結成したアートムーブメント「指派」の応援サイト

指派-ゆびのは-

独占インタビュー 指派とは-池永康晟氏に聞く

池永康晟氏に聞く/2006年10月、京都・石田大成社ホールで「指派-ゆびのは-」の第一回展は開催された。出品は池永康晟氏を含め、人物を描く日本画出身の三人。広い壁面を使った展示は、それぞれが己の道を探るような発表になっていて、京都でも一定の評価は得たように思えたが、その後「指派」展が続くことはなかった。 あれから4年、2010年のアートフェア東京の秋華洞ブースで「指派」が復活するという。第一回展の時とは出品者は変わり、今展は池永氏と阿部清子氏の二人。4年の歳月が流れメンバーは変わっているが、「指派」の復活という印象を受ける。しかし、池永氏の言葉を借りれば、これは復活でも再開でもなく偶然なのだという。 はたして「指派」とはなんなのか、今後どのようになっていくのか、そしてまた偶然は起こるのか。提唱者の池永氏に話を聞いた。 (2010年3月16日 聞き手:松原洋一)

↑ PAGE TOP