湯上がり文庫は、「湯上がりの恥ずかしがり屋」に掲載された、愛と哀愁に満ちたショートストーリー集です。

38.星占い

第一話:異例のラッキーアイテム

朝のテレビ番組の終わり頃には、だいたいどの番組も星占いをやっているもので、ボクも毎朝聞くとはなしに、どこかの番組の星占いの結果を聞いています。

その日の朝も、それほど注意して聞いていたわけではないのですが、自分の星座のラッキーアイテムが「おにぎり」だということが耳に入りました。

普段は占いの結果なんて気にならないし、それによって一日の行動が左右されるようなことはないのですが、その日の「おにぎり」という異例のラッキーアイテムには心奪われました。すぐにボクの頭の中はホカホカの「おにぎり」でいっぱいになりました。

それに、女性アナウンサーはラッキーアイテムが「おにぎり」だと言ってから、「おにぎりを食べてがんばりましょう」と付け加えました。つまり、ラッキーアイテムは「おにぎり」自体ではなく、「おにぎりを食べる」という行為なのです。

ああ、なんて行動的なラッキーアイテムでしょう。

ということは、材料を厳選して「おにぎり」を作っている達人も、スーパーの棚に絶妙に「おにぎり」を並べている名人も、「おにぎり」の専門家でありながら、今日のラッキーアイテムを有利に活用できるとは限らないのです。

とにかく今日は「おにぎり」を食べなければ運は開けないのですから、一般の人も「おにぎり」の専門家も条件はいっしょです。横一線に並んでのスタートになります。

家を出てからもそのことが頭を離れず、女性アナウンサーの「おにぎりを食べてがんばりましょう」という明るい声が、頭の中をグルグルと巡っていました。

第二話:「おにぎり」

その日は一日中「おにぎり」のことが気になっていたのですが、「おにぎり」ぐらいはいつでも食べられるだろうと思い、それほど積極的に「おにぎり」を求めませんでした。

普通に考えれば「おにぎり」を食べることはそんなに難しいことではありません。買おうと思えば、おにぎり専門店もあるし、コンビニでも売っています。食べようと思えば、公園のベンチでもいいし、人気のない裏通りなら歩きながらだって平気です。

「おにぎり」はいつでもどこでも食べられるのです。おそらく「おにぎり」を食べることは、ラーメンを食べることよりも簡単なことでしょう。

そんなこともあって、何度も「おにぎり」を食べる機会はあったのですが、あえて強行はしませんでした。

たとえば、仕事の打ち合わせで喫茶店に入った時、メニューを見ると「おにぎり」はあったのですが、さすがに打ち合わせの席で「おにぎり」はないかなと思い、ごく普通にコーヒーにしました。それは当たり前の大人の選択です。

コンビニにも何度か寄って「おにぎり」売り場の前も通ったのですが、買うことはありませんでした。その後何度でも買う機会はあるだろうし、わざわざコンビニで買う必要もないと思ったのです。

そんなことを繰り返しているうちに夕方になりました。

あんまり先送りしていると時間がなくなるので、つにボクは「おにぎり」を買う決心をして、前から目をつけていたおにぎり専門店に入りました。

そして、できるだけ高級そうな「おにぎり」を手に取ったのです。

第三話:スーパーデラックス「おにぎり」

最近の「おにぎり」は高級志向になっているようで、一個300円とか500円とかのが平気であります。その中でも、ボクが迷わず手に取ったのは、おにぎり棚にさん然と輝くスーパーデラックス「おにぎり」でした。

ボクはその高級「おにぎり」を持って、いそいそとレジに向かいました。

その時、「おにぎりを食べてがんばりましょう」という明るい声がまた蘇ってきたのです。

ボクは思わず手に持っていたスーパーデラックス「おにぎり」を見つめました。そして改めて、この「おにぎり」を食べてがんばれるのかどうかを自問自答しました。

そして、ボクはたいへんな勘違いをしていることに気づいたのです。

この高級「おにぎり」は、誰がにぎったものかも分からず、もしかしたら機械で製造されたものかも知れません。食べれば満足するかもしれませんが、がんばろうという気にはなれないでしょう。

「おにぎり」を食べてがんばろうという気になるには、「おにぎり」は単なる食料ではなく、愛情とか慈しみが詰まった心の糧でなくてはなりません。ですから、「おにぎり」は手作りでなければ話にならないのです。

ボクは慌ててスーパーデラックス「おにぎり」を放り出すと、店を飛び出し、夢中で走りました。

もう時間がありません。

「待っていてくれ、手作りおにぎり」

ボクは心の中で叫ぶと、夕暮れの街を爆走しました。

第四話:愛情いっぱいの「おにぎり」

フラフラになりながら、ボクはやっとの思いで「愛情いっぱい手作りおにぎりの店」に到着しました。ここは手作りの「おにぎり」がウリの人気店で、目の前でおばちゃんがにぎってくれます。具は豊富ですが、高級というわけではなく、いかにも体によさそうな天然素材を使っています。

ここならおばちゃんの愛情がこもった手作り「おにぎり」を食べられます。それを食べればボクもきっとがんばれるでしょう。

ボクはいそいそと店内に入りました。

もう遅い時間だったのですが、店内はけっこう混んでいて、ボクはとりあえず入口付近のカウンターに座ろうとしたのですが、その時ちょうど若い女性客の声が耳に入ってきました。彼女はいっしょにいる女性に「ここのおにぎりを食べると落ち着くよね」と話しかけていました。

ボクはそれを聞いて愕然としました。

確かにここの「おにぎり」は愛情いっぱいだし、家庭的な雰囲気もあるので落ち着くでしょう。しかし、そんな甘い環境で「おにぎり」を食べて、がんばろうという気になるのでしょうか。

本来「おにぎり」は携帯食です。山や海など普通の食事を摂ることが困難な場面でこそ、その真価を発揮するものなのです。だからこそがんばろうという気になるんじゃないですか。

ところがここはどうでしょう。この店にさえ入れば、何の努力もせずに愛情いっぱいの手作り「おにぎり」が食べられ、おまけに具だくさんのみそ汁だって付きます。まさに堕落です。ここは堕落の館なのです。

ボクは席に座ることなく店を飛び出しました。

もう時間がありません。

「どうすればいいんだ、どこで『おにぎり』を食べればがんばれるんだ」

ボクは泣きながら叫び、あてもなく爆走しました。

最終話:幸せの理解者

夜の街をあてもなく走り、疲れ果てて立ち止まりました。

時計を見ると、もうあと数分で12時を過ぎようとしていました。

ついにボクは、今日のラッキーアイテムである「おにぎり」を食べてがんばることができませんでした。

ボクは天を仰ぎ、心の整理をしてから歩き出しました。

すると、どこからともなく「おにぎり食べてがんばってよ」という若い女性の声がしてきました。驚いて声の方を見てみると、公園のベンチに若い男女が座っていて、女性はバッグから何かを取り出そうとしていました。

男性は汚れた作業衣を着ていて、かなり疲れているようでした。おそらく彼はまだ仕事の最中で、わずかな休憩時間に寸暇を惜しんで二人は会っているのでしょう。恋人とはだいたいそんなものです。

女性は包みの中から「おにぎり」を取り出し、明るい声で「食べなきゃ元気出ないよ」と言い、続けて「おにぎり食べてがんばってよ」と、ボクの頭の中を一日中巡っていたセリフを、鮮やかに再現してみせました。男性のほうは、疲れ果てて食べるのもおっくうなようでしたが、恋人の差し出す愛情いっぱいの「おにぎり」を、爽やかに笑いながら受け取りました。

ボクは息を飲んでその様子を見つめました。

恋人が作った愛情いっぱいの「おにぎり」。そして、きつい仕事の合間、食欲もないのにその「おにぎり」を受け取った男。「おにぎりを食べてがんばる」条件はすべて揃っています。これで彼がボクと同じ天秤座なら、何かラッキーなことが起こるはずです。

ボクは夜の公園で木陰に身を潜め、ベンチに座っている若い男女の行動を必死で観察し続けました。背後から制服を着た男が近づいているとも知らずに…。

↑ PAGE TOP