UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

長野県信濃美術館所蔵品目録

長野県信濃美術館所蔵品目録

長野県信濃美術館所蔵品目録
発行日:1990年3月31日
発行:長野県信濃美術館
内容:1990年3月25日現在の長野県信濃美術館所蔵作品を収録。

文献インデックスへ

収録作家一覧

赤城泰舒(1889-1955年01月31日)洋画家、太平洋画会研究所で学ぶ、文展審査員、光風会会員、日本水彩画会の創立に参加
赤羽雪邦(1865-1928年08月25日)日本画家、師尾崎雪濤・橋本雅邦、東美卒、別号知足
足立源一郎(1889-1973年03月31日)洋画家、春陽会創立に参加、日本山岳画協会創立会員、浅井忠・鹿子木孟郎に師事
足立真一郎(1904-1994年09月20日)洋画家、日展会友、光風会名誉会員
有島生馬(1882-1974年09月15日)洋画家、文化功労者、日本芸術院会員、二科会・一水会の創立に参加
飯田福治(1913-1995年01月)洋画家、一水会委員
伊川鷹治(1898-1971年11月28日)洋画家、春陽会会員
池上秀畝(1874-1944年05月26日)日本画家、師荒木寛畝、旧帝展審査員
池田満寿夫(1934-1997年03月08日)版画家・小説家、芸術選奨「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞受賞、社会に話題を提供しつづけた戦後美術界のスターの一人
石井鶴三(1887-1973年03月17日)洋画家・彫刻家、日本芸術院会員、師石井鼎湖、春陽会・日本版画協会の創立に参加
石井柏亭(1882-1958年12月29日)洋画家、日本芸術院会員、師石井鼎湖、太平洋画会・日本水彩画会・二科会・一水会の創立に参加
今井映方(1901-1997年02月27日)日本画家、師堅山南風、日本美術院特待
岩下桜園(1801-1867)墨跡、江戸後期の国学者、岩下貞融と同一
鵜飼幸雄(1930-)洋画家、日展会員、特選2
臼井文平(1898-1994)洋画家、独立展出品、古美術蒐集家としても知られる
内堀功(1917-1978年06月17日)彫刻家、ブロンズ、白日会委員、日展特選2
梅津五郎(1920-2003年07月28日)洋画家、日展参与、特選、東光会理事長
梅原龍三郎(1888-1986年01月16日)洋画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、国画会・春陽会・二科会・日本版画協会の創立に参加、大調和会第1回展監査
浦野吉人(1936-)洋画家、春陽会会員
衛俊秀(不明-不明)墨跡
江藤純平(1898-1987年11月16日)洋画家、日展参与、総理大臣賞、光風会名誉会員
岡田三郎助(1869-1939年09月23日)洋画家、文化勲章、日本芸術院会員、帝室技芸員、白馬会の創立に参加、日本版画協会の創立に参加、東京美術学校教授
岡村政子(1858-1936年)版画家、版画家、女性石版画家のパイオニアのひとり、岡村竹四郎の妻
荻原守衛(1879-1910年04月21日)彫刻家、ブロンズ、重要無形文化財
奥瀬英三(1891-1975年11月23日)洋画家、日展参与、元太平洋画会会員、海軍省後援で海洋美術会結成、槐樹社創立会員、示現会創立会員・代表
奥田郁太郎(1912-1994)洋画家、元一水会会員
小口正二(1907-2000年01月21日)漆芸家、彫漆、日展参与、特選、現代工芸美術家協会参与
刑部人(1906-1978年03月08日)洋画家、日展会員、日洋会運営委員、新世紀美術協会委員
小野澤健一(1939-)彫刻家、日展評議員、特選2
片山芳樹(1903-1988)洋画家、一水会委員
金山平三(1883-1964年07月15日)洋画家、日本芸術院会員、帝室技芸員、文展・帝展出品、戦後は日展審査員を辞し個展中心に発表
上條信山(1907-1997年02月12日)書家、文化功労者、日本芸術院賞、日展参事、総理大臣賞、読売書法会常任総務、謙慎書道会顧問
川上冬崖(1828-1881年05月03日)洋画家、日本洋画先覚者、師大西椿年、著書「西画指南」
川船水棹(1887-1980年05月16日)日本画家、師小堀鞆音、帝展受賞
川村驥山(1882-1969年04月06日)書家、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展参事、毎日書道展審査会員
菊池一雄(1908-1985年04月30日)彫刻家、ブロンズ、新制作協会創立会員、東京芸術大学名誉教授
菊池契月(1879-1955年09月09日)日本画家、日本芸術院会員、帝室技芸員、師菊池芳文、京都市立美術大学名誉教授
北原三佳(1895-1972年02月11日)鋳金作家、日展会員
北村四海(1871-1927年11月14日)彫刻家、大理石彫刻の鼻祖、宮彫師の父に木彫を学ぶ、文展審査員
木村其樵(1850-1937年12月09日)日本画家、師養父木村培樵、日本美術協会会員
草間彌生(1929-)洋画家、文化功労者、水玉、網目、突起物を造型記号として前衛的作風を展開した
倉員辰雄(1900-1978年05月05日)洋画家、日展参与、創元会常任委員
倉田白羊(1881-1938年11月29日)洋画家、浅井忠に師事し太平洋画会に所属、東美卒、春陽会の創立に創立、元日本美術院同人、号忘斎・半人忘斎
栗原信(1894-1966年06月04日)洋画家、二科会会員を経て二紀会創立に参加、新潟大学教授
小絲源太郎(1887-1978年02月06日)洋画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、油彩による文人画的画風で知られる
神津港人(1889-1978年04月07日)洋画家、文展・帝展出品、第一美術協会名誉会員
河野次郎(1856-1934年04月18日)洋画家、長野県師範学校図画教師、河野通勢の父
河野通勢(1895-1950年03月31日)洋画家、国画会創立会員、大調和会第1回展監査委員、日本版画協会の創立に参加
河野通明(1919-1993年03月05日)洋画家、大調和会の復活創立に参加
小坂芝田(1872-1917年09月05日)日本画家、師児玉果亭、不折従弟、文展二等賞他
児玉果亭(1841-1913年01月14日)日本画家、師田能村直入、日本南画会の設立に参加
児玉三鈴(1915-2002年02月01日)日本画家、師川端龍子、御形塾に学ぶ、日本画府理事長、新興美術院初代会員
小寺健吉(1887-1977年09月20日)洋画家、日展参与、光風会名誉会員、白日会の創立に参加
後藤杏(1909-1973)日本画家、師橋本関雪、日本美術院院友
小林邦(1906-1990年02月01日)洋画家、国画会会員、信州美術会顧問
小林和作(1888-1974年11月04日)洋画家、芸術選奨、独立美術協会会員、終生中央を離れ尾道で自ら民衆画家と称した
小森スイ(1906-)洋画家
小山敬三(1897-1987年02月07日)洋画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、一水会創立会員
小山周次(1885-1968年02月26日)洋画家、日本水彩画会の創立に参加
西郷孤月(1873-1912年08月31日)日本画家、東美卒、師狩野友信・橋本雅邦、日本美術院創立
桜庭彦治(1902-1986年11月11日)洋画家、光風会評議員
佐竹蓬平(1750-1807年11月12日)江戸中期から後期の画家、号亀文石主人、大雅門
佐藤武造(1891-1972)洋画家、絹絵により名声を高め漆画も手がけた
篠田義一(1924-2010年01月26日)陶芸家、日本工芸会正会員、長野県陶芸作家協会会長
篠原新三(1889-1966年04月21日)洋画家、日本水彩画会名誉会員
清水敦次郎(1894-1962年03月07日)洋画家、示現会創立会員、白土会創立同人、日展特選
清水多嘉示(1897-1981年05月05日)彫刻家、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、芸術選奨、日展顧問、西洋近代彫刻思想に基づく作品を発表
白滝幾之助(1873-1960年11月25日)洋画家、日本芸術院賞恩賜賞、日展会員
城田孝一郎(1928-)彫刻家、新制作協会会員、平櫛田中賞
椙井春雄(1923-2003年01月31日)洋画家、日展会友、光風会評議員
鈴木信太郎(1895-1989年05月13日)洋画家、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、一陽会の創立に参加、元武蔵野美術大学教授
鈴木芙蓉(1749-1816年06月22日)江戸中期から後期の画家、名雍、字煕、号老蓮
須山計一(1905-1975年04月17日)洋画家、一水会会員、漫画家・漫画研究家
諏訪部直亭(1868-1940年01月26日)日本画家、師児玉果亭、日本美術協会会員
関四郎五郎(1908-1971年11月07日)洋画家、春陽会会員
瀬戸團治(1905-1991年07月01日)彫刻家、日展参与
瀬戸博道(1937-1960)彫刻家
早出守雄(1918-1971年07月02日)洋画家、一水会会員
曽宮一念(1893-1994年12月21日)洋画家、元二科会会員、元国画会会員、失明後は随筆家・歌人としても活躍
高池録博(1926-2002年01月31日)染色家、日展会友、特選、光風会会員
高田誠(1913-1992年10月24日)洋画家、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展常務理事、文部大臣賞、一水会委員
高畠達四郎(1895-1976年06月26日)洋画家、本郷洋画研究所に学ぶ、渡仏、独立美術協会の創立に参加
武井直也(1893-1940年02月05日)彫刻家、元日本美術院同人、日本彫刻科協会会員
竹内不忘(1909-2011年06月29日)彫刻家、日展参与、特選
武田雲室(1753-1827)江戸中期から後期の画家
太宰春台(1680-1747)墨跡、江戸中期の儒学者
田村一男(1904-1997年07月10日)洋画家、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、文部大臣賞、光風会理事長
冢田大峰(1745-1832)墨跡、江戸後期の儒学者
辻永(1884-1974年07月23日)洋画家、文化功労者、日本芸術院会員、日展初代理事長、光風会名誉会員
辻村八五郎(1914-2003年10月19日)洋画家、日展参与、総理大臣賞、菊華賞、光風会名誉会員
寺島龍一(1918-2001年10月26日)洋画家、日本芸術院会員、日本芸術院賞恩賜賞、日展顧問、総理大臣賞、菊花賞、会員賞、光風会理事長、元筑波大学教授
寺瀬黙山(1893-1993)彫刻家、院展出品
寺本美茂(1916-1992年11月13日)彫金作家、日展評議員、菊華賞、特選
天龍道人(1718-1810)江戸中期の画家、名瑾、子は公瑜、通称渋川虚庵、別号草龍子・水湖観
土佐光吉(1539-1613年06月22日)安土桃山期の大和絵土佐派の絵師、光茂の子
登内微笑(1891-1964年03月02日)日本画家、京都絵画専卒、師寺崎広業・菊池契月、帝展審査員
長井雲坪(1833-1899年06月29日)日本画家、文人画家、木下逸雲・日高鉄翁に師事、別号桂山・呉江
中川紀元(1892-1972年02月09日)洋画家、日本芸術院賞恩賜賞、二科展出品、中村岳陵らと六潮会結成、二紀会の創立に参加
中沢弘光(1874-1964年09月08日)洋画家、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、光風会・白日会の創立に参加
中村喜平(1913-)彫刻家、日展会員、菊華賞、特選
中村研一(1895-1967年08月28日)洋画家、日本芸術院会員、日展理事、光風会会員、日本版画協会の創立に参加
中村七十(1911-1941年10月20日)彫刻家、文展無鑑査
仲村進(1929-2004年02月20日)日本画家、師高山辰雄、日展評議員、総理大臣賞、11特選
中村善策(19011-983年04月27日)洋画家、日本芸術院賞、日展参事、文部大臣賞、一水会運営委員
中村琢二(18971-988年01月31日)洋画家、日本芸術院会員、日本芸術院賞、芸術選奨、日展顧問、文部大臣賞、一水会運営委員
中村直人(19051-981年04月22日)洋画家、二科会会員、彫刻から戦後は洋画に転向、独特の女性像が人気を博した
中村玲方(18981-980年10月12日)日本画家、師川合玉堂、長流会代表、三多圭会主宰
西山真一(19061-989年04月19日)洋画家、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、文部大臣賞、光風会常任理事
羽毛田陽吉(1930-)日本画家、日展参与、28特選
長谷川正雄(1907-1960)彫刻家
服部亮英(1887-1955年09月28日)洋画家、光風会会員
濱達也(1913-1989年10月11日)彫金作家、日展会員、光風会会員
林和緒(1931-)日本画家、師佐藤太清、日展参与、24特選
林倭衛(1895-1945年01月26日)洋画家、二科展樗牛賞・二科賞、新文展審査員、大杉栄らアナキストと交流、二科出品作が警視庁から撤回命令を受ける
ハリー・K・シゲタ(1887-1963)写真家、日本名・重田欣二
東山魁夷(1908-1999年05月06日)日本画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、東美卒、師結城素明、日展顧問
菱田春草(1874-1911年09月16日)日本画家、師川端玉章・結城正明、日本美術院創立同人
日向裕(1912-1974年06月26日)洋画家、画画会会員
福与悦夫(1906-1981年01月06日)日本画家、大阪美術学校修、師矢野橋村、日本南画院常務理事
藤井令太郎(1913-1980年06月25日)洋画家、春陽会会員、武蔵野美術大学教授
藤島武二(1867-1943年03月19日)洋画家、文化勲章、帝国芸術院会員、帝室技芸員、白馬会の創立に参加、東京美術学校教授
藤本東一良(1913-1998年09月17日)洋画家、日本芸術院会員、日本芸術院賞恩賜賞、日展顧問、文部大臣賞、光風会常任理事
不破章(1901-1979年02月06日)洋画家、日展会員、一水会常任委員
方済衆(不明-不明)墨跡
細川宗英(1930-1994年04月30日)彫刻家、新制作協会会員、東京藝術大学教授
堀内唯生(1900-1981年)洋画家、春陽展等出品
前島三次(1914-1937)洋画家
町田曲江(1879-1967年06月05日)日本画家、東美卒、師寺崎広業、文展褒賞
松木重雄(1917-2010年06月18日)洋画家、日展参与、菊華賞、会員賞、示現会会長
丸山晩霞(1867-1942年03月04日)洋画家、日本水彩画会理事、太平洋画会・日本水彩画会の創立に参加
三沢忠(1935-)洋画家、日展理事、文部科学大臣賞、特選2、白日会常任委員
水野英男(1932-)陶芸家、灰釉、日本工芸会正会員
溝江勘二(1909-2001年01月01日)洋画家、日展会員、光風会名誉会員
水上民平(1904-1994年11月14日)洋画家、国画会会員、北信美術展顧問
南薫造(1883-1950年01月06日)洋画家、帝室技芸員、日本芸術院会員、光風会会員、日本水彩画会・白日会の創立に参加
宮入行平(1913-1977年11月24日)刀匠、日本刀の人間国宝、刀鍛冶の最高峰、本名堅一、旧号昭平
宮尾応栄(1908-1990年03月08日)彫刻家、日展会友、日本彫刻会会員
宮川仁(1912-1973年06月29日)洋画家、山林美術協会会員
宮坂房衛(1910-2001年09月09日)彫金作家、日展参与、総理大臣賞
宮坂勝(1895-1953年04月10日)洋画家、国画会会員、武蔵野美術学校教授
宮本青架(1913-1979)日本画家、師安田靫彦、日本美術院特待
美和晋(1925-1979年02月21日)洋画家、ゼロ美術委員長
向井潤吉(1901-1995年11月14日)洋画家、行動美術協会の創立に参加、民家をモチーフに制作、向井良吉の兄
村松乙彦(1912-1983年10月13日)日本画家、師児玉希望・矢崎弦月、日展評議員、日美
矢崎虎夫(1904-1988年09月24日)彫刻家、亜細亜美術交友会名誉理事、日本陶彫会副会長
矢崎牧廣(1905-1983年08月09日)洋画家、独立美術協会会員、1930年協会展出品、林武に師事
矢沢弦月(1886-1952年01月26日)日本画家、東美卒、師寺崎広業、日展運営会参事、日本画院同人
安井曾太郎(1888-1955年12月14日)洋画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、二科会・一水会の創立に参加、日本美術家連盟会長
山下大五郎(1908-1990年05月13日)洋画家、文展特選、立軌会創立会員、東美卒、図画教師と平塚市に住む
山下忠平(1904-2000年11月14日)洋画家、日展参与、光風会名誉会員
山寺常山(1807-1878)墨跡、江戸後期から明治期の武士・兵学者
山本鼎(1882-1946年10月08日)洋画家、春陽会の創立に参加、日本創作版画協会創立、日本農民美術研究所開設、村山槐多とは従兄弟
横井弘三(1889-1965年10月11日)洋画家、一水会会員
横山大観(1868-1958年01月26日)日本画家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、東美で橋本雅邦に師事、日本美術院の設立に参加
吉田博(1876-1950年04月05日)洋画家、太平洋画会会長・創立に参加
李子青(不明-不明)墨跡
劉自読(不明-不明)墨跡
渡辺鶴子(1915-2006年01月31日)日本画家、創彩会常任委員
渡辺文平(1925-1998年10月08日)日本画家、元新興美術院会員
渡会意士(1939-2008年10月23日)彫刻家、一陽会委員

↑ PAGE TOP