UAG美術家研究所では随時データ収集とメンテナンスを行なっております。

岐阜県美術館所蔵品目録

岐阜県美術館所蔵品目録

岐阜県美術館所蔵品目録
発行日:1991年
発行:岐阜県美術館
内容:1991年3月現在、岐阜県美術館が所蔵する全作品をモノクロ図版で収録。

文献インデックスへ
ネット検索で出てこない画家・岐阜

収録作家一覧

【日本画家】
櫟文峰(1891-1970)加藤英舟・橋本関雪に師事
池田虹影(1892-1956)竹内栖鳳に師事、文展・帝展出品
伊東深水(1898-1972)日本芸術院会員、日本芸術院賞、師鏑木清方、号此君亭、現代風俗画、美人画の道を開拓した
今尾景年(1845-1924)帝国美術院会員、帝室技芸員、師鈴木百年
大橋翠石(1865-1945)師渡辺小崋、パリ世界博、英博
小笠原宣(1952-)下村良之介に師事、新制作展新作家賞、安井賞受賞
奥村土牛(1889-1990)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、師梶田半古・小林古径、日本美術院名誉理事長
加藤栄三(1906-1972)日本芸術院賞、創造美術協会の創立に参加後に離れて官展に復帰、東美卒、師結城素明、日展理事
加藤東一(1916-1996)文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、東美、師山口蓬春、日展顧問
川合玉堂(1873-1957)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、師橋本雅邦・幸野楳嶺、日本美術院創立に参加
川崎小虎(1886-1977)日本芸術院賞恩賜賞、東美卒、師川崎千虎・小堀鞆音、日展顧問
小島一谿(1899-1974)師前田青邨、日本美術院特待
小島紫光(1889-1960)師菊池芳文・契月、新興岐阜美術院の創立に参加
篠田柏邦(1883-1969)東美卒、師今尾景年、文展・帝展出品
田中比左良(1890-1974)行動美術会員、パリで死去
玉舎春輝(1880-1948)師山元春挙、日本自由画壇結成、別号臥牛
土屋禮一(1946-)日本芸術院会員、日本芸術院賞、師加藤東一、日展常務理事、文部科学大臣賞
徳岡神泉(1896-1972)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、師栖鳳、日展顧問
徳田隣斎(1882-1947)師前川文嶺・竹内栖鳳、内国勧業博覧会褒状等
中川とも(1890-1982)芝居絵画家、師北野恒富、創作画人協会名誉理事
長縄士郎(1923-)師加藤栄三、日展参与、総理大臣賞、菊花賞、特選
野原桜州(1886-1933)東美卒、師寺崎広業、文展・帝展出品、岐阜を中心に活動
橋本明治(1904-1991)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、芸術選奨、師松岡映丘、日展顧問
長谷川朝風(1905-1977)京都絵画専卒、師安田靫彦、日本美術院特待
前田青邨(1885-1977)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員師梶田半古、日本美術院同人、東京芸大教授、歴史画・武者絵
松井章01(1924-1985)京都絵画専卒、師加藤栄三、創造美術展・新日展出品
守屋多々志(1912-2003)文化勲章、文化功労者、師前田青邨、日本美術院同人・評議員、元愛知県立芸術大学教授
安田老山(1830-1883)文人画家、別号万里翁、中国遊学
山本梅逸(1783-1856)江戸後期の文人画家、名亮、明清の画法を学ぶ

【洋画家】
浅井忠(1856-1907)同志と明治美術会を創立、元東美教授
荒川修作(1936-2010)美術家・建築家、前衛芸術の旗手として活躍
安藤勲(1906-1989)東美卒、自由美術協会会員、大垣女子短大名誉教授
伊佐治勝太郎(1913-1950)鈴木信太郎に師事、新文展出品等
石川寅治(1875-1964)日本芸術院賞恩賜賞、日展監事、太平洋画会創立会員、示現会創立会員・代表
井田照一(1941-2006)版画家、版画表現を中心に様々なメディアの作品を制作
伊藤敏博(1898-1973)岸田劉生に師事、大調和展・春陽展等出品、日本表現派を創立・理事
稲田年行(1925-)東美の安井曾太郎教室で学ぶ、白軌会結成、現代日本美術展等出品
猪熊弦一郎(1902-1993)新制作派協会の創立に参加、アメリカで活動
瑛九(1911-1960)印画紙による「フォトデッサン」発表、自由美術家協会創立に参加し油彩も制作、デモクラート美術家協会結成
江崎寛友(1910-1984)日展特選、示現会創立会員・理事、動く美術館運営委員
榎倉康二(1942-1995)美術家、東京藝術大学教授
大久保作次郎(1890-1973)日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展評議員、日本版画協会・槐樹社・創元会・新世紀美術協会の創立に参加
大沢昌助(1903-1997)東美卒、元二科会会員、元多摩美術大学教授
岡田謙三(1902-1982)戦後のニューヨークで活躍、日本の絵巻物風の抽象作品はユーゲンイズム(幽玄主義)と呼ばれた
岡田徹(1914-2007)美術文化協会会員・元代表
小川博史(1913-2010)日展参与、文部大臣賞、菊華賞、光風名誉会員
荻須高徳(1901-1986)文化勲章、文化功労者、新制作協会会員、パリの場末の風物を描きユトリロの再来と言われた
加賀孝一郎(1899-1988)春陽会会員、岸田劉生に師事
川端実(1911-2001)元新制作協会会員、元多摩美術大学教授、祖父川端玉章
岸田劉生(1891-1929)フュウザン会結成に参加、春陽会の創立に客員として参加、大調和会第1回展監査委員、麗子像で知られる
北蓮蔵(1876-1949)生巧館・天真道場に学ぶ、東美卒、白馬会展出品後官展出品、演劇の背景制作もした
鬼頭鍋三郎(1899-1982)日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、元光風会理事長、愛知県立芸術大学客員教授
窪田喜作(1874-1941)東美卒、白馬会出品
熊谷守一(1880-1977)文化勲章を辞退するなど脱俗の画人として知られた、二会会・二紀会の創立に参加
桑山忠明(1932-)東京芸大日本画科卒、ニューヨーク在住
小寺健吉(1887-1977)日展参与、光風会名誉会員、白日会の創立に参加
小本章(1935-)版画家、日国16賞、現日美17賞・16賞、西版2大賞
斎藤義重(1904-2001)美術文化協会の創立に参加、文学的交流を広げながら、半立体=半絵画、インスタレーションへと移行した
坂井範一(1899-1981)新制作協会会員、元岐阜大学教授
菅井汲(1919-1996)芸術選奨、明快な色彩と幾何学的形態の作品を制作、国内外で評価された
杉全直(1914-1994)芸術選奨、東美卒、二科展・独立展を経て美術文化協会の創立に参加、元多摩美大教授、元東京芸大教授
鈴木誠(1897-1969)新制作派協会の創立に参加、東美、渡仏しビシェールに師事、元多摩美大教授
高橋秀(1930-)芸術選奨文部大臣賞、独立美術協会会員、日芸大賞、安井賞
田中阿喜良(1919-1982)行動美術協会会員、庶民の画家として知られた
坪内節太郎(1905-1979)行動美術協会会員、演劇評論家としても知られた
都竹伸政(1913-2003)元第一美術協会委員
長原孝太郎(1864-1930)不同舎修、文展賞2、帝展審歴任
中村不折(1866-1943)日本芸術院会員、不同舎で学ぶ、太平洋画会会員、太平洋美術学校初代校長、兼洋画・書
楢原健三(1907-1999)日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、文部大臣賞、示現会創立会員・理事長
難波田龍起(1905-1997)文化功労者、国画会を退会フォルム展を結成、自由美術家協会の設立に参加のち退会
西尾一三(1911-1988)美術団体VAVA代表、医療法人星光会西尾病院院長
服部保(1915-1997)元一水会会員
早川国彦(1897-1968)二科会会員、太平洋画会研究所に学ぶ、岐阜大学教授
櫃田伸也(1941-)新制作協会会員、安井賞、元東京芸大教授
藤田嗣治(1886-1968)東美卒業後、画壇に失望し渡仏、モンパルナスでピカソらと交友、元二科会会員、日本芸術院会員
前田常作(1926-2007)元武蔵美大学長、日本芸術大賞、曼荼羅の世界を生涯のテーマとして描いた
牧野伊三郎(1870-1895)小山正太郎の不同舎で学ぶ、シカゴ万博に出品
松本竣介(1912-1948)太平洋画会研究所に学ぶ、流行性脳脊髄膜炎で聴覚を失う、新人画会結成、自由美術家協会結成
水谷清(1902-1977)春陽会会員
村井正誠(1905-1999)自由美術家協会・モダンアート協会の創立に参加、武蔵野美術大学名誉教授、抽象的色面と太い線描を重ねた独自の構成
元永定正(1922-2011)浜辺万吉に師事、漫画から洋画に転向、抽象作品へ移行する、元具体美術協会会員
守洞春(1909-1985)版画家、木版、日展会友、特選、東光会委員
安井曾太郎(1888-1955)文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、帝室技芸員、二科会・一水会の創立に参加、日本美術家連盟会長
矢橋六郎(1905-1988)自由美術家協会・モダンアート協会の創立に参加
山川利夫(1911-1986)日展特選、示現会会員
山口薫(1907-1968)自由美術家協会・モダンアート協会の創立に参加、東京芸術大学教授、叙情的世界から抽象図像を用いた構成を展開
山口長男(1902-1983)日本の前衛美術の先駆者的存在、東美卒、二科出・吉原治良らと九室会結成、元武蔵野美術大学教授
山本芳翠(1850-1906)明治美術会・白馬会の創立に参加、五姓田芳柳に師事
吉田修三(1922-1985)東美卒、梅原龍三郎に師事、日展出品、現代画廊個展
渡部審也(1875-1950)太平洋画会の創立に参加、浅井忠に師事

【彫刻家】
吾妻兼治郎(1926-)無所属、中原悌二郎賞、高村光太郎賞、毎日芸術賞
天野裕夫(1954-)無所属、高村光太郎大賞展彫刻の森美術館賞等
大嶽有一(1949-)中日展彫刻部門で佳作賞等受賞
大成浩(1939-)国画会(彫)会員
小清水漸(1944-)無所属、芸術選奨新人賞、平櫛田中賞
佐藤忠良(1912-2011)芸術選奨文部大臣賞、東美卒、新制作協会彫刻部創立に参加、元東京造形大教授
澄川喜一(1931-)文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞恩賜賞、新制作協会(彫)会員
高橋清(1925-1996)新制作協会会員、金沢美術工芸大学名誉教授
田中薫(1944-)宇部、神須彫9賞・11賞
速水史朗(1927-)無所属
舟越保武(1912-2002)大理石、文化功労者、芸術選奨、新制作協会創立会員、東京藝術大学名誉教授
堀内正和(1911-2001)抽象彫刻を手がける、現代国際彫刻展大賞等、京都市立芸術大学名誉教授
向井良吉(1918-2010)行動美術協会創立会員、野外彫刻の先駆者・戦後抽象彫刻の第一人者、向井潤吉の弟
柳原義達(1910-2004)文化功労者、福田平八郎に日本画を学び彫刻に転向、新制作派協会彫刻部創設に参加

【工芸家】
荒川武夫(1913-)陶芸家、美濃陶芸協会会員、父は荒川豊蔵
荒川豊蔵(1894-1985)陶芸家、文化勲章、文化功労者、志野・瀬戸黒の人間国宝、「桃山志野」の再現に生涯をかけた
荒木高子(1921-2004)前衛陶芸家
伊藤公象(1932-)前衛陶芸家、中村翠恒に師事
大橋桃之輔(1921-1996)陶芸家、日展会友、現代工芸美術会員、岐阜県博物館館長
奥磯栄麓(1930-1987)陶芸家、美濃焼・志野焼・大平窯、東洋陶磁協会会員
各務鑛三(1896-1985)硝子作家、日本芸術院賞、芸術選奨、日展評議員、日本で初めてクリスタルガラスを制作した
加藤景秋(1899-1972)陶芸家、志野焼、美濃陶芸祖12代目、日本工芸会正会員
加藤賢司(1933-2008)陶芸家、多治見、トルコ青釉
加藤孝造(1935-)陶芸家、瀬戸黒の人間国宝、日本工芸会正会員
加藤幸兵衛(4代)
加藤十右衛門(1894-1974)陶芸家、八坂窯、黄瀬戸・黒織部・美濃伊賀で岐阜県重要無形文化財
加藤清三(1930-1979)陶芸家、久尻寺下に築窯、志野・織部
加藤卓男(1917-2005)陶芸家、三彩の人間国宝、日本工芸会参与、元日展評議員、特選2
加藤裕英(1945-)陶芸家、日展(工)会員、特選2
川瀬竹翁(1894-1983)陶芸家、染付、明治祥瑞染付技法復元
小林文一(1926-)陶芸家、日展(工)会友、特選
坂口正之(1951-)鉄都市89大賞、現日美、宇部
佐治賢使(1914-1999)漆芸家、文化勲章、文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、文部大臣賞、日工会会長
杉浦康益(1949-)陶芸家、東京芸大大学院陶芸専攻修了
鈴木藏(1934-)陶芸家、志野焼の人間国宝、芸術選奨、日本工芸会参与
塚本快示(1912-1990)陶芸家、白磁・青白磁の人間国宝
林景正(1891-1988)陶芸家、美濃古陶器の再現につとめ「黄瀬戸の景正」と称された
宗廣力三(1914-1989)染織家、紬縞織・絣織の人間国宝

【書家・文人】
佐藤慶次郎(1927-2009)慶應医学部卒、作曲家早坂文雄に師事
篠田桃紅(1913-)水墨による抽象表現を展開
日比野五鳳(1901-1985)文化功労者、日本芸術院会員、日本芸術院賞、日展顧問、文部大臣賞、水穂会会長

【海外の画家・彫刻家】
アウグスト・ペレッツ(1929-2000)
アリスティド・マイヨール(1861-1944)
アルナルド・ポモドーロ(1926-)
アントニ・タピエス(1923-2012)
ヴァレリアーノ・トルッビアーニ(1937-)
ウジェーヌ・ドラクロワ(1798-1863)
エーリッヒ・ヘッケル(1883-1970)
エドゥアール・ヴュイヤール(1868-1940)
エドヴァルト・ムンク(1863-1944)
エミール=アントワーヌ・ブールデル(1861-1929)
エミール・ノルデ(1867-1956)
エミール・ベルナール(1868-1941)
オーギュスト・ロダン(1840-1917)
オディロン・ルドン(1840-1916)
カール・シュミット=ロットルフ(1884-1976)
カイム・スーチン(1893-1943)
郭仁植(1918-1988)
金昌烈(1929-)
ギュスターヴ・モロー(1826-1898)
クリスト(1935-)
ケーテ・コルヴィッツ(1867-1945)
ジェームズ・アンソール(1860-1949)
ジム・ダイン(1935-)
ジャコモ・マンズー(1908-1991)
ジャスパー・ジョーンズ(1930-)
ジャン・アルプ(1886-1966)
ジャン・デュビュッフェ(1901-1985)
ジュール・パスキン(1885-1930)
ジュリアーノ・ヴァンジ(1931-)
ジョアン・ミロ(1893-1983)
テオ・ファン・レイセルベルヘ(1862-1926)
ノヴェッロ・フィノッティ(1939-)
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(1876-1907)
ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)
フランシス・ベーコン(1909-1992)
フロリアーノ・ボディーニ(1933-2005)
ポール・セリュジエ(1864-1927)
マックス・クリンガー(1857-1920)
マックス・ベックマン(1884-1950)
マリー・ローランサン(1883-1956)
マルク・シャガール(1887-1985)
マルセル・ルー(1878-1922)
モイーズ・キスリング(1891-1953)
モーリス・エステーヴ(1904-)
モーリス・ドニ(1870-1943)
李禹煥(1936-)
李恒星(1919-)
ルーチョ・フォンタナ(1899-1968)
レーモ・ビアンコ(1922-1988)
ロイ・リキテンスタイン(1923-1997)
ロヴィス・コリント(1858-1925)
ロドルフ・ブレスダン(1822-1885)

↑ PAGE TOP